女子中高生対象「Instagram」に関する調査結果発表 8割がアカウント所有、うち複アカは4割など

女子中高生対象「Instagram」に関する調査結果発表 8割がアカウント所有、うち複アカは4割など

 GMOメディア株式会社が運営する、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ byGMO」は、女子中高生を対象に「Instagramに関する調査」を実施した。 アンケート調査だけでなく、インタビューを通じて「Instagram」に対する女子中高生のリアルな意見や、 独自の文化なども明らかになった。

女子高生の約8割がInstagramのアカウントを所有、うち約4割が複数アカウント持ち

 中学生では約6割(58.8%)、 高校生では8割近く(76.9%)がInstagramのアカウントを持っており、所有しているアカウントの個数を訪ねたところ1個という回答が多数を占めたが一方で2個以上という回答も多く、 Instagramのアカウントを持っている中学生の4人に1人、 高校生では約4割が複数アカウントを持っていることが分かった。

Instagramは1日複数回見る子が多い

 Instagramのアカウントを持っている女子中高生に、『Instagramの閲覧』に関する調査を行った。「タイムライン/ストーリーズどちらをよく閲覧するか」については、女子中高生ともに「同じくらい(中学生:42.9%、 高校生:40.4%)」が最多となったものの、その次は「ストーリーズ(中学生:25.5%、 高校生:36.2%)」が「タイムライン(中学生:19.7%、 高校生:14.9%)」を上回る結果となりました。 特にこの傾向は高校生に顕著であることが分かります。 また、 Instagramを閲覧すると答えた子の閲覧頻度については、「1日に複数回(73.2%)」が突出する結果となった。

よく投稿するのは「ストーリーズ」

 また、「タイムライン/ストーリーズどちらによく投稿するか」を尋ねたところ、全体では「ストーリーズ(41.8%)」が「タイムライン(15.4%)」を上回る結果となった。一方で、中学生は「どちらも投稿しない(中学生:34.6%、 高校生:18.8%)」という回答が最多、高校生は「ストーリーズ(中学生:32.9%、高校生:50.5%)」が過半数となり、『Instagramへの投稿』に関しては中学生と高校生で異なる傾向にあることが分かった。特に「ストーリーズ」については、中学生よりも高校生の方が活発に投稿しているようだ。

 また、「(タイムライン/ストーリーズ)どちらも投稿しない」と答えた子以外に「タイムライン/ストーリーズへの投稿頻度」を尋ねたところ 「タイムライン」については「月に1~3回位(41.0%)」が最多、「週に1~3回位(19.5%)」という回答が続き、 「毎日投稿する(13.2%)※」という子は1割強にとどまった。一方「ストーリーズ」については、 「毎日投稿する(32.6%)※」子が3割超にのぼり、「週に1~3回位(30.6%)」と合算すると、6割超の子が週に1回以上「ストーリーズ」を投稿していることが分かった。
※「1日に複数回」と「1日1回位」を合算

「ストーリーズ」に投稿する理由は?

 続いて「タイムライン/ストーリーズどちらによく投稿するか」という質問で、「タイムライン」「ストーリーズ」のいずれかを選択した子に、よく投稿する理由を尋ねた。「タイムライン」によく投稿する理由については、「思い出を残しておきたいから(63.6%)」が最多となり、「いいねがもらえるから(39.7%)」と続いた。

 一方「ストーリーズ」によく投稿する理由については、「その場のできごとや感情・感動を共有しやすいから(66.9%)」「時間が経ったら消えるので(心理的に)投稿しやすいから(61.4%)」で6割を超えた。『24時間で消える』という特徴から、 「ストーリーズ」の方が、 その場のできごとや感情を気軽に投稿しやすいと感じている子が多いようだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!