>  > 嵐・二宮和也、落合陽一が予言する未来に驚愕

嵐・二宮和也「落合くんってさ、何者なの?」 豪華対談で落合陽一が予言する未来に驚愕

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 異なる分野で活躍する2人の達人がそれぞれの「仕事の極意」について語り合う『SWITCHインタビュー』(NHK)。9月1日の放送では、嵐の二宮和也と筑波大学准教授でメディアアーティストの落合陽一が対談した。

 2014年11月放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、当時大学院生だった落合と初対面を果たした二宮。その時に落合が披露した「超音波アート」に感銘を受けた二宮の「彼の信念が今どれくらい実現しているのかを知りたい」という希望により、今回のインビューは実現した。

 番組冒頭、二宮は単刀直入に「落合くんってさぁ、何者なの?」と質問。これに対して落合は「それは一番答えにくい質問なんですけど……」と前置きしつつ「一般的に説明する時は、『大学の先生で会社経営しています』と言います」と答えていた。続けて落合は「でも、『何してるの?』って聞かれた時の僕の回答のほうが面白いですよ」と言い、二宮から「何してるの?」と問われると「波動使い」と回答。さらに「現代の魔法使い」と呼ばれていることについて「魔法使いって何つかえるの?』と質問された際には、「波動ならだいたい」「電波か光か音なら割と得意です」と答えていることも明かした。

 落合が初めて波動に興味を持ったのは中学1年生の時。「僕、エレキギターがすごく好きだったんですよ。周りの子たちはエレキギターを弾くのが好きだったんですけど、僕は分解するのが好きで」と告白。オシロスコープに繋いで波形を確認したり、高校生の時にはシンセサイザーをコンピューターに取り込んで出力したりしていたという。

 また、二宮は4年前の『嵐にしやがれ』で物体を宙に浮かす超音波を扱っていたことに触れて「あの研究って今どう発展しているの?」と質問。落合から「もう製品化している」と聞き「すごいね!」と驚いていた。

 さらに二宮からの「どれくらい先の未来を見ているのか」という問いかけに対し、落合は「だいたい20年後ぐらいを見通して研究している」と返答。近い将来の話でいうと落合は「たとえば、5Gの回線が世に出るのが2年後で、携帯電話で動画はほとんど止まらなくなる」と言い、これによって一番変化するのは医療分野だと予想。法令整備を進めてスカイプでの診療ができるようになれば「一般診療、風邪で病院へ行くことはほぼなくなるんじゃないですか?」と語り、二宮を唖然とさせていた。

 トークの最中、落合の好物「つぶグミ」がスタッフによって持ち込まれると、落合は「あ、つぶグミだ!」と大喜び。「今日一、テンションが上がった(笑)」と言い、二宮と一緒につぶグミをパクパクと頬張った。

 効率的に糖分を吸収して頭を働かせるという意味でも、昼・おやつの「1日2食グミ」を実践しているという落合は、そうした生活の中の合理性を追求する一つの施策として「家で3時間半睡眠+移動中の45分睡眠×2」を日々行っているという。

 落合は「人間って睡眠を分ければ分けるほど、トータルでは睡眠時間が少なくていい」と提唱し、電球が発明される前の人類は日が落ちたら1度睡眠し、夜明けに起きて再び寝るという「二度寝」の習慣があったことを例に取って、「人類にとって、2回か3回寝るのは割りと向いているんです」と主張。「だから日本にシエスタを導入すれば、働き方改革って結構どうにかなると思っているんですよ」と持論を展開した。

 転じて話は落合の研究テーマである、コンピューターと非コンピューターリソースが融和することで再構築される新たな自然環境「デジタルネイチャー」の話題に。落合は、デジタルネイチャー社会におけるエンターテイメント領域は、「間口が広くなる」と語り、スマートフォンの普及によって「全人類がYouTuberに成り得て、才能が可視化されやすくなっている」と説明。それを受けて二宮が「才能があると思ってテレビに出ていた人は淘汰されていくのか」と問うと落合は「徐々に」と答え、「逆に運よく上に行った人は淘汰されるけど、しっかりとコアなことに取り組んでいる人は相変わらず残っていく」と付け加えた。

      

「嵐・二宮和也「落合くんってさ、何者なの?」 豪華対談で落合陽一が予言する未来に驚愕」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版