>  > 二宮和也、濱田龍臣の“実力”にワクワク

嵐・二宮和也、『花のち晴れ』出演の濱田龍臣に宣戦布告!? 『パズドラ』のランクと“縛りプレイ”について語る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月27日放送のラジオ『BAY STORM』(bayfm)で、MCを務める嵐の二宮和也が「縛りプレイ」について語っていた。

 リスナーから、二宮が継続的にプレイしており、ラジオでも度々話題にしている『パズル&ドラゴンズ』(パズドラ)についてのメールが寄せられた。17歳だというリスナーは、「『パズドラ』で闇属性しか使わない、縛りプレイをしている」と言う。ガチャで他の属性のキャラクターが出ても、強い・弱いにかかわらず売却するそうだ。

 サブ属性については明かされなかったが、火、水、木、光、闇の5属性があり、ダンジョンとの相性でパーティー編成を行う『パズドラ』において、属性縛りは厳しいものだ。当然、パーティーが限られるため攻略に苦労しているそうで、「王冠を取れたり、ランダン(ランキングダンジョン)をクリアできたときの達成感は、なにものにも代えがたい」という。メールは、「二宮さんがゲームをするとき、自分で縛りを設けてプレイすることはありますか?」という質問で締めくくられた。

 普段はまったりとしたトークの二宮だが、ゲームの話題になると一気にテンションが上がる。二宮はまず、この縛りプレイについて「すごいね! 尖ってんなぁ!」と驚き、「こいつも、もはやプロパズドラーだな」と感心。「闇属性って、一時期流行ったから、対策がすごいわけよ。競技場にも“闇吸収”のキャラクターとかいっぱい出てきて。そのなかで、闇で王冠を取れたりしているのは、相当すごいよ」と興奮ぎみに語り、「やばい、やりたくなってきた」と、そのままスマホを取り出しそうな勢いだった。

 『パズドラ』における二宮のランク(レベルのようなもの)は、現在805だと言う。相当なやり込み具合で、芸能界トップクラスのプレイヤーであることは間違いなさそうだが、最近、自分よりランクの高い人物を知ったという。それが、TBS系の火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』に出演中の人気俳優・濱田龍臣だ。二宮が聞いたところによれば、そのランクは850ほど。「久しぶりに、芸能人で自分よりランクの高い人に出会って、ワクワクしている」と、モチベーションが上がっていることを明かしていた。

 メールに書かれていた質問については、「君は17歳じゃないか。でも、私は35歳になるわけだ。35歳にもなると、“縛り”なぞ設けずに、ゆうゆうとやりたい世代だよ。縛られたら何もできないよ、本当に。もう、すべてが万全な状態で挑みたい。で、ちゃんと勝ちたい」と諭すように語りつつ、「大人になってしまったな。私は少年の心をなくしてしまったんだな……」と少し寂しそうだった。

 ネットを検索すれば、「縛りプレイ」の動画は無数に見つかる。やり尽くしたと思うゲームに新たな楽しみを与えたり、メールを寄せたリスナーのように、自分で難易度を高めてやりがいを追い求めたりと、スタイルは様々だが、緻密な戦略を考えたり、あるいは気の遠くなるような試行回数を重ねたりと、いずれにしても時間を使うものが多い。ゲーマー気質の強い二宮なら、中途半端な縛りはしないと思われ、多忙を極める中ではなかなか手が出せないところだろう。

      

「嵐・二宮和也、『花のち晴れ』出演の濱田龍臣に宣戦布告!? 『パズドラ』のランクと“縛りプレイ”について語る」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版