>  > ARダンスボーカルグループ「ARP」の新しさ

ARを活用した現代の人形浄瑠璃? ARダンスボーカルグループ「ARP」の新しさ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ARを活用した、ARダンスボーカルグループ「AR performers/ARP」が人気を博し、各方面から注目されている。メンバーは、シンジ、レオン、そして2人組ユニット、レベルクロスのダイヤとレイジの4名だ。ARPの活動拠点はライブがメインである。2018年1月に開催したライブ『A’ LIVE3』では2日間で約5400人を動員した。バーチャルアイドルとしてavexとアーティスト契約を結び、メジャーデビューも果たしている。

 去る8月18日、ARPは4度目となるライブ『KICK A’LIVE』を開催すると同時に、コンベンションにてエイベックス・エンタテインメントとユークスの2社によるARPの共同プロジェクトが発表された。

 コンベンションでは、まずARPのパフォーマンスを披露。新曲「Paradise」のタイアップ(テレビ朝日系全国放送「Break Out」9月度マンスリーアーティスト)を発表した。 また、12月にリリースされるニューアルバム告知や、2019年1月5日〜6日に次回ライブ『KICK A‘LIVE2』を横浜文化体育館で行うことが告知された。加えて、ARPのアニメ化決定という大きなニュースもあった。

 コンベンションの後半では、エイベックス・エンタテインメントとユークスの2社による、「ARP」を中心とした共同プロジェクトの全貌が説明された。共同プロジェクトの中枢ともいえるのが、ユークスが開発したAR Live System『ALiS ZERO』である。

 ARPのライブは、ARアーティストでありながら、インタラクティブに観客とやりとりができるのが大きな特徴だ。コンベンション中にも、来場したファンの質問に答えるなど、高いクオリティの対応を見せていた。そんなARライブを実現する上で不可欠なシステムが『ALiS ZERO』。ユークスがゲーム開発で培った高度な3DCG技術により、 圧倒的な存在感のある人間のグラフィック動作を可能にしたものだ。

      

「ARを活用した現代の人形浄瑠璃? ARダンスボーカルグループ「ARP」の新しさ」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版