>  > YouTuber「パオパオチャンネル」なぜ愛される?

“カップルではない”男女ふたり組YouTuber「パオパオチャンネル」が愛される理由とは?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クーラーをガンガンに効かせてアイスをほおばりながら、ネットサーフィンならぬYouTubeサーフィンをしてお気に入りのYouTuberと出合う。こんな暑い日には、いっそのこと「外出はしないぞ!」と決め込んでしまって、ぐうたら生活に挑んでみてもそれはそれで充実した一日になるかも。そんな一日に、「心の避暑地」として紹介したいのが、おしゃれで爽やかなふたり組YouTuber「パオパオチャンネル 」だ。

「パオパオチャンネル」とは?

 ぶんけい(愛称:ぶんちゃん)」と@小豆(愛称:あーずー)というふたり組(+マスコットキャラ・パオぞう)で活動しているYouTuber。もともとニコニコ動画で「踊ってみた」動画を投稿する別々の踊り手だったふたりが、コンビを組み誕生した。ニコ動でのコンビ活動やYouTubeでの初期の活動では、「恋ダンス」などの踊ってみた動画を主戦場としていたものの、2017年2月25日の動画を皮切りに、商品紹介やチャレンジ系といった“YouTuberらしい”投稿をスタートさせる。

カンタの踊ってみたが流出しました。

 水溜りボンドの動画「カンタの踊ってみたが流出しました。」において、カンタに似ている踊り手がいる、と「ぶんちゃん」が取り上げられたことによってYouTube界でも知名度が広まっていった「パオパオチャンネル 」。昨年11月にはuuumに加入し、先月25日には、チャンネル登録者数が50万人を突破。最近では、東海オンエアやカリスマブラザーズらとのコラボ動画も積極的に投稿している。

 いま一番勢いのあるYouTuberといっても過言ではないふたり。「踊ってみた」以外の動画でも人気を集めている彼らの魅力とはどこにあるのだろうか?

思わず癒されてしまう「親しみやすさ」が魅力

 他のYouTuberと比較したときの彼らの魅力は、やはり「男女ふたり組」であるということ、そしてとびきりの「親しみやすさ」にあるだろう。かねてから視聴者の間で話題になっていたのは、「彼らがカップルなのか否か」ということ。それもそのはず、カップルや夫婦以外でのコンビYouTuberというのはかなり珍しく、何よりも動画内の彼らの仲が良すぎるからだ。この件に関しては、動画内のコメント欄でも「付き合ってるんですか?」「ふたりが付き合ったらうまくいくと思います!」なんて質問が当時から現在に至るまで溢れかえっているのだが、彼らはきっぱりと否定している。なかでも「はじめての質問コーナー」での視聴者とのやりとりが印象的だ。

視聴者A:ぶんちゃんとあーずーは付き合ってますか?
ふたり:付き合ってませーん(苦笑)

視聴者B:ふたりは付き合ってるの?
ふたり:…(無言)。

 またそういったコメントの多さについて。

視聴者C:付き合ってるんですか? カップル? というコメントの多さにどう感じてますか
@小豆:期待されているのか? という気持ち。応えなければいけないのか? という変な気持ち。でも応えることは(でき)ないという気持ち。でも視聴者を楽しませたいという気持ち。

正直二人は付き合ってるの?(質問コーナー回答編)の巻

 このように複雑な本音を吐露するふたり。この告白に視聴者がどんな思いを抱くかは人それぞれで分からないけれど、男女間の理想的な友情が成立していることに歓喜した人も多いはず。恋人や友達といった「枠」を超えた彼らの関係性を素直に見守っていこうと決めた人も多かったのではないだろうか。

 この、カップルでも夫婦でもない男女YouTuberは、夫婦漫才ではない男女漫才コンビが生まれた瞬間のようにYouTube界に新たな風を吹き込み、人気を博していった。

      

「“カップルではない”男女ふたり組YouTuber「パオパオチャンネル」が愛される理由とは?」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版