バンドマンがYouTuberを名乗るメリットは? グッドモーニングアメリカ たなしんの場合

 KEYTALKがツアーの様子や最新情報を発信する「KEYTALK TV」、SAKANAMON・藤森元生が様々な企画に挑戦する「肴の定理」、OKAMOTO’Sによるトーク番組「オカモトーーーク!」など、これまでもYouTubeを用いたプロモーションは他のバンドでも行われてきた。だがどれも、あくまで“バンドマン”として撮影されたものであり、“YouTuber”という肩書きを名乗ることはなかった(そもそもYouTuberという言葉が浸透する以前だった、という例もあるが)。

 バンドマンがYouTuberを名乗るメリットは、バンドの枠にとらわれず自由に企画に挑戦することができることかもしれない。たなしんの場合、楽曲やライブでは奇をてらったパフォーマンスが目につくだけに、彼の人間性をさらに深く見られるのはファンにとって嬉しいことだろう。またこれまでたなしんをあまり知らなかったリスナーにも、バンド活動とは巷違った方向からアプローチすることもできる。たなしんの人柄が全面に押し出された動画が多くの人たちに届くことによって、グッドモーニングアメリカの名前が広く知られ、活動がより活発になることを期待したい。

(文=馬場翔大)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる