仲野太賀、難役の小池栄子に「ミスがない」と絶賛 主題歌はサザン書き下ろしの新曲に

仲野太賀、小池栄子に「ミスがない」と絶賛

 フジテレビ水10ドラマ『新宿野戦病院』制作発表会見が6月26日、新宿歌舞伎町タワーにて開催され、ダブル主演を務める小池栄子、仲野太賀、共演者の濱田岳、生瀬勝久、柄本明が登壇した。

 本作は、脚本家・宮藤官九郎のオリジナルストーリー。新宿・歌舞伎町に佇む病院を舞台に、ホストやキャバ嬢、ホームレス、トー横キッズ、外国人難民など、さまざまなバックボーンを持つ“ワケあり”な登場人物たちが交差する姿を描いた救急医療エンターテインメント。

宮藤官九郎は新宿・歌舞伎町とどう向き合うのか? 久々のフジドラマは“事件”になる予感

宮藤官九郎が脚本を手がけるドラマ『新宿野戦病院』が7月期にフジテレビ系列で放送されることが発表された。1月期の『不適切にもほどが…

 アメリカ国籍の元軍医ヨウコ・ニシ・フリーマンを演じる小池。劇中では岡山弁に英語、さらには手術シーンもあるという難役だが「お話をいただいたときから、ハードルが高い役だなと思っていたのですが、だんだん英語を喋るのが楽しくなってきました。宮藤さんの脚本のセリフの面白さはピカ一で、ぶっ飛んだキャラクターが多いのですが、違和感が全くないです」とアピールすると「でも英語も岡山弁も温かく見守っていただければ」とメッセージを送る。

小池栄子

 そんな小池に、美容皮膚科医・高峰享を演じる仲野は「僕も俳優をやっているので、小池さんの役がどれだけ大変か分かります」と語ると「ものすごい集中力でお芝居をされていて、ほとんどミスがないんです」と小池のすごさを絶賛。小池は「そんなことないよ。テンパっている姿見せているよ」と照れくさそうに語るが、仲野は「ワンテイクで撮るリズミカルな現場なのですが、しっかり照準を合わせて、かなりの打率で成功するんです」と脱帽していた。

仲野太賀

 仲野が演じる享は、チャラチャラしたキャラクター。仲野は「自分でも思ってもいないぐらい、伸び伸びやれています。自分のなかにあるチャラさが出ていると思います」と笑うと「宮藤さんが描くキャラクターなので、ヨウコや歌舞伎町な個性的な面々と出会うことで、成長していく姿をしっかりと表現出来たら思います」と意気込みを語っていた。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる