坂口健太郎が『赤い袖先』のイ・セヨンと共演 メロドラマ『愛のあとにくるもの』製作決定

坂口健太郎とイ・セヨンが共演

 坂口健太郎とイ・セヨンが共演するCOUPANG PLAYオリジナルシリーズ『愛のあとにくるもの』の製作が発表された。

 韓国最大手のECサービス「COUPANG」が運営するオンラインショッピングのメンバーシップサービス「COUPANG WOW」の会員に提供されるOTT(動画配信)サービス「COUPANG PLAY」のオリジナルシリーズとして製作される本作は、2人の男女の間で繰り広げられる正統派メロドラマ。

 原作は、韓国の人気作家コン・ジヨンと『冷静と情熱のあいだ』の辻仁成による同名小説。潤吾(坂口健太郎)が日本に留学中の紅(イ・ セヨン)に出会い、切ない愛と別れを経験したのち、5年後の韓国で偶然再会して展開される“運命的な愛”の物語だ。 

 映画『余命10年』などの坂口が“後悔”という傷を背負って生きる潤吾を演じる。『赤い袖先』などのイ・セヨンが、かつて愛していた潤吾と再会して心が揺れる紅役を担当。撮影は日本と韓国で行われる。

 坂口は「韓国スタッフと共にドラマ作品を作り上げることがとても待ち遠しいし、繊細な演技で定評のあるイ・セヨンさんと美しいメロドラマで共演できることがとても嬉しい」と現在の心境を述べる。イ・セヨンも「初めて読んだ時から大好きだった小説の1つを原作とするこの作品に出演できてとても嬉しい。“愛”を見つめる一人の女性の心を表現するためにベストな演技を見せたい」とコメント。また、「坂口健太郎さんとの共演で両国が一つになって素晴らしい作品が生まれることを信じている」と話している。

 監督を務めるムン・ヒョンソンは、「“愛”を両国の作家による視点で繊細に描かれている原作をもとにしたドラマの製作できることはとても嬉しいこと。主人公の二人が積み上げていく、切なくて繊細なラブストーリーを、視聴者の心に丁寧に届けられるよう全力を尽くして作品づくりに向き合いたい」と昂る気持ちを明らかにしている。

 本作は今後、オリジナルシリーズとしてCOUPANG PLAYにて配信される予定だ。

坂口健太郎
イ・セヨン

■配信情報
『愛のあとにくるもの』
COUPANG PLAYにて配信
出演:坂口健太郎、イ・セヨン
原作:『愛のあとにくるもの』(著者 : コン・ジヨン/辻仁成)
監督:ムン・ヒョンソン
脚本:チョン・へシム、ムン・ヒョンソン
制作:シルバーライニングスタジオ、CONTENTS SEVEN

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる