『トキコイ』第4話は吉岡里帆の推しエピソード 田村健太郎&福田麻貴が本気の漫才を披露

『トキコイ』田村健太郎&福田麻貴が本気漫才

 吉岡里帆主演の火ドラ★イレブン『時をかけるな、恋人たち』第4話の放送に向けて、主演の吉岡里帆、第4話ゲストの田村健太郎と福田麻貴よりコメントが到着した。

 本作は、ヨーロッパ企画の上田誠がオリジナル脚本を手がけるタイムパトロール・ラブコメディー。令和の時代を生きる“辻褄合わせ”が大得意な主人公・常盤廻を吉岡、その恋の相手役で未来からやってきたタイムパトロール隊員・井浦翔を永山瑛太がそれぞれ演じる。

 10月31日放送の第4話で廻(吉岡里帆)と翔(永山瑛太)が取り締まるのは、23世紀からやってきた売れないお笑い作家と、令和を生きる女芸人との許されざる恋。

 主演の吉岡は本作の印象に残っている回について、「私は、4話の漫才をカップルでやっているお笑いコンビの話です」と第4話をセレクト。「『トキコイ』は、5話までは廻と翔がバッドトラベラーの恋を応援する話なんですね。6話は廻のお父さんとお母さんの身内の話、7話からは自分たち自身の話になります。その中でも4話は、1人で進むことも肯定する回。“恋っていいよね!”っていうドラマの中盤で、この4話が入ってくることがすごくいいなと思ってて。私の好きな回です」と、第4話推しであることを明かしている。

 そんな第4話で未来からやってきて長期滞在をしていた違法タイムトラベラーの池浦トシを演じるのは田村。売れない作家だったトシは、令和の世界で、舞台やテレビに出演するお笑いコンビ・フラジャイルのツッコミとして注目度急上昇中になっていた。トシの相方・水戸桜を演じるのは、3時のヒロインの福田で、2人は恋愛関係にある設定。

 田村は自身の役どころについて「トシは売れないお笑い作家で、気分転換にタイムトラベルに来たら、桜と出会ってそのまま暮らしてしまうっていう奴です。そのトシのマインドはすごくわかります。今いる世界でうまくいかなくて、自分のことを誰も知らない、たまたま訪れた世界で恋人ができた。そしてそこで生活をしていくって、ある意味で生まれ直すような感じでもありますし、楽園のようだったんじゃないかなと思います。作中ではそれは犯罪なんですけど…責めきれないものがあります…」と共感しながら演じることができた様子。一方の福田は「芸人の役ということで、演じるのが楽しかったです。水戸桜は一人の女性として魅力的ですが、正直芸人には向いてなくて、健気でちょっと痛々しいです。めちゃくちゃおもんない期から、ちょっとうまくなった期を経て、成長していく姿を見られると思うので、ネタの演じ方の違いなどにも注目してほしいです」と充実した様子を見せた。

 また、田村と福田はリアリティーを出すために漫才の練習なども重ねたと言い、田村は「福田さんは漫才の時もこっちに合わせてくれて、僕がギャーギャー言ってる分すごくトーンを調整してくれましたし、バランスを取ってくれてたんじゃないかと思います。優しくしていただきました。あと、福田さんが1人でコントをするシーンの撮影を見せてもらったのですが、すごく滑ってることをやんなきゃいけないんだけど、どうしても面白くなっちゃうんですよね。笑いが起きちゃう。そこら辺が、ああーやっぱり笑いの星の下にいらっしゃる方なんだなっていうのをつくづく感じました」とコメント。3時のヒロインではツッコミを担当している福田は、ドラマではボケに挑戦。「普段はツッコミをやってるので、ボケをやるのは新鮮でした。しかも標準語ですし、普段の自分のキャラクターではなく水戸桜として漫才をやるので、自分とは全然違う芸風の人をイメージしてやるのが楽しかったです」と語り、「田村さんは、一回目の打ち合わせからツッコミが上手くてびっくりしました。シーンに使われてる部分は一部ですが、最初から最後までちゃんと台本があって、フルで覚えて漫才したので、撮影の合間に“もう一回合わせときましょか”と何度も合わせて、本当に舞台前の相方とのネタ合わせみたいでした」と撮影の裏話も披露した。

 第4話の見どころについて、田村は「恋人との記憶や生活が綺麗に消されてしまうっていう様を、廻や翔が目の当たりにするんですけど、そこが見どころです。現場でも、セリフにはないところでお2人の心の揺らぎみたいなのがすごく伝わってきたので、あれがどういう風にドラマになってるか、僕自身も視聴者として楽しみです。このドラマはすごくポップでおしゃれでウキウキしちゃうんですけど、その裏にある、恋人との時間を犯罪としなければならないっていう切実なものっていうのがあって、そこのリアリティーに急にハッとさせられるんです。そういう楽しい部分とすごく痛みを伴う部分が共存してる、ジェットコースタードラマだと思いますね。乞うご期待です!!!」とコメント。福田は「第4話は、最初から最後までいろんな種類の哀愁が漂っていると思います。お笑いをやっているのになぜかジンとくるシーンがあると思います。そこを楽しみに見てください。おもしろくて切ないラブストーリーです!」とメッセージを寄せた。

吉岡里帆 コメント

『トキコイ』の印象に残っている回

私は、4話の漫才をカップルでやっているお笑いコンビの話です。『トキコイ』は5話までは廻と翔がバッドトラベラーの恋を応援する話なんですね。6話は廻のお父さんとお母さんの身内の話、7話からは自分たち自身の話になります。その中でも4話は、1人で進むことも肯定する回。「恋っていいよね!」っていうドラマの中盤で、この4話が入ってくることがすごくいいなと思ってて。私の好きな回です。

田村健太郎 コメント

池浦トシの役どころ、演じての感想

トシは売れないお笑い作家で、気分転換にタイムトラベルに来たら、桜と出会ってそのまま暮らしてしまうっていう奴です。そのトシのマインドはすごくわかります。今いる世界でうまくいかなくて、自分のことを誰も知らない、たまたま訪れた世界で恋人ができた。そしてそこで生活をしていくって、ある意味で生まれ直すような感じでもありますし、楽園のようだったんじゃないかなと思います。作中ではそれは犯罪なんですけど…責めきれないものがあります…

福田麻貴の印象、撮影時や練習時のエピソードなど

福田さんは漫才の時もこっちに合わせてくれて、僕がギャーギャー言ってる分すごくトーンを調整してくれましたし、バランスを取ってくれてたんじゃないかと思います。優しくしていただきました。あと、福田さんが1人でコントをするシーンの撮影を見せてもらったのですが、すごく滑ってることをやんなきゃいけないんだけど、どうしても面白くなっちゃうんですよね。笑いが起きちゃう。そこら辺が、ああーやっぱり笑いの星の下にいらっしゃる方なんだなっていうのをつくづく感じました。

第4話の見どころ

恋人との記憶や生活が綺麗に消されてしまうっていう様を、廻や翔が目の当たりにするんですけど、そこが見どころです。現場でも、セリフにはないところでお2人の心の揺らぎみたいなのがすごく伝わってきたので、あれがどういう風にドラマになってるか、僕自身も視聴者として楽しみです。

視聴者にメッセージ

このドラマはすごくポップでおしゃれでウキウキしちゃうんですけど、その裏にある、恋人との時間を犯罪としなければならないっていう切実なものっていうのがあって、そこのリアリティーに急にハッとさせられるんです。
そういう楽しい部分とすごく痛みを伴う部分が共存してる、ジェットコースタードラマだと思いますね。乞うご期待です!!!

福田麻貴 コメント

水戸桜の役どころ、演じての感想

芸人の役ということで、演じるのが楽しかったです。水戸桜は一人の女性として魅力的ですが、正直芸人には向いてなくて、健気でちょっと痛々しいです。めちゃくちゃおもんない期から、ちょっとうまくなった期を経て、成長していく姿を見られると思うので、ネタの演じ方の違いなどにも注目してほしいです。

田村健太郎の印象、撮影時や練習時のエピソードなど

普段はツッコミをやってるので、ボケをやるのは新鮮でした。しかも標準語ですし、普段の自分のキャラクターではなく水戸桜として漫才をやるので、自分とは全然違う芸風の人をイメージしてやるのが楽しかったです。
田村さんは、一回目の打ち合わせからツッコミが上手くてびっくりしました。シーンに使われてる部分は一部ですが、最初から最後までちゃんと台本があって、フルで覚えて漫才したので、撮影の合間に「もう一回合わせときましょか」と何度も合わせて、本当に舞台前の相方とのネタ合わせみたいでした。

第4話の見どころ

第4話は、最初から最後までいろんな種類の哀愁が漂っていると思います。お笑いをやっているのになぜかジンとくるシーンがあると思います。そこを楽しみに見てください。

視聴者にメッセージ

おもしろくて切ないラブストーリーです! お楽しみください。

20231031-tokikoi-01
20231031-tokikoi-03
20231031-tokikoi-04
20231031-tokikoi-05
20231031-tokikoi-06
20231031-tokikoi-07
previous arrow
next arrow
20231031-tokikoi-01
20231031-tokikoi-03
20231031-tokikoi-04
20231031-tokikoi-05
20231031-tokikoi-06
20231031-tokikoi-07
previous arrow
next arrow

■放送情報
火ドラ★イレブン『時をかけるな、恋人たち』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜23:00〜放送
出演:吉岡里帆、永山瑛太、伊藤万理華、西垣匠、田中真琴、夏子、石田剛太、じろう(シソンヌ)
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
監督:山岸聖太、山口淳太
プロデューサー:岡光寛子(カンテレ)、白石裕菜(ホリプロ)
音楽:王舟
主題歌:Chilli Beans.「I like you」(A.S.A.B)
オープニング曲:PEOPLE 1「ドキドキする」(Sony Music Labels)
制作協力:ホリプロ
制作著作:カンテレ
©︎カンテレ
公式サイト:www.ktv.jp/tokikake/

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる