最強の老兵がナチス軍に地雷を投げつけ爆殺 『SISU/シス 不死身の男』“過激版予告”公開

『SISU/シス 不死身の男』過激版予告

 10月27日に公開されるフィンランド映画『SISU/シス 不死身の男』の“過激版予告映像”が公開された。

 本作は、『レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース』『ビッグゲーム 大統領と少年ハンター』などのヤルマリ・ヘランダーが監督・脚本を務めたバイオレンスアクション。タイトルの「SISU(シス)」は、すべての希望が失われたときに現れるという不屈の精神を意味したもの。本作では、その「SISU」を武器に、伝説の兵士がナチス戦車隊をたったひとりで血祭りにあげていく模様が描かれる。フィンランドでは、19週連続トップ10入りを果たしており、第55回シッチェス・カタロニア国際映画祭のファンタスティック・コンペティション部門で最優秀作品賞、男優賞、撮影賞、作曲賞を受賞している。

 1944年、第二次世界大戦末期、ソ連に侵攻され、ナチス・ドイツに国土を焼き尽くされたフィンランド。凍てつく荒野を旅する老兵アアタミ・コルピ(ヨルマ・トンミラ)は、愛犬ウッコを連れ、掘り当てた金塊を運ぶ途中でブルーノ・ヘルドルフ中尉(アクセル・ヘニー)率いるナチスの戦車隊に遭遇、金塊も命も狙われるハメに。アアタミが手にしているのはツルハシ1本と“折れない心SISU”だけ。それでも戦場に落ちている武器と知恵をフル活用し、ナチス戦車隊相手に、機銃掃射を浴びても、地雷原に追い込まれても、縛り首にあっても、挙句の果てに戦闘機にツルハシ1本で食らいついても、絶対に死なない。多勢の敵を相手に、アアタミはいかにして戦い、そして生き抜くのか。そして、アアタミの目的地とは。

映画『SISU/シス 不死身の男』過激版予告映像

 公開された過激版予告は、過激すぎて劇場用予告では使用を自粛した暴力シーンに集中して構成されている。荒野で金塊を見つけ、ナチスのお尋ね者となった最強の老兵・アアタミ(ヨルマ・トンミラ)。敵兵に射殺される寸前で、ゴツいナイフを敵兵の頭にブッ刺し瞬殺。地雷をぶん投げて爆殺。荒野を覆う爆煙、飛び散る血しぶき、最後には地雷で吹っ飛んだ敵兵の片足がさらに地雷の上に着弾。敵将の目の前でさらにブチ飛ぶブラックユーモアさえ漂わせる。

 ナレーターを務めたのは、アニメ『ゴールデンカムイ』土方歳三役や、映画『300<スリーハンドレッド>』のジェラルド・バトラー演じるスパルタ王・レオニダス役など、数々の“戦う男”を演じてきた人気声優・中田譲治。アアタミの暴れっぷりとともにそのダンディーボイスで「マッド! マッド! マッドエンターテインメントオオオオ!!」と血沸き肉躍る過激描写を盛り上げる。

 また、8月25日に発売される前売りムビチケカードには、購入特典として、劇中で最強の老兵・アアタミがぶん投げた地雷がナチス兵の頭部に直撃・爆殺される直前をイラスト化した、「一撃必殺ステッカー」がプレゼント(数量限定)される。

『SISU/シス 不死身の男』

■前売りムビチケカード発売情報
発売日:8月25日(金)
金額:1600円

■公開情報
『SISU/シス 不死身の男』
10月27日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショー
監督・脚本:ヤルマリ・ヘランダー
キャスト:ヨルマ・トンミラ、アクセル・ヘニー、ジャック・ドゥーラン、ミモサ・ヴィッラモ、オンニ・トンミラ
配給:ハピネットファントム・スタジオ
フィンランド/英語・フィンランド語/91分/原題:SISU/R15+
©2022 FREEZING POINT OY AND IMMORTAL SISU UK LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://happinet-phantom.com/sisu/

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる