タイBLスターが集結した青春映画『卒業』8月公開 少年たちの切ない表情映した本予告も

タイBL映画『卒業』日本公開決定

 タイ映画『Tell the World I Love You(英題)』が、『卒業 ~Tell the World I Love You~』の邦題で8月25日に日本公開されることが決定。あわせて本予告とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、 『バンコク・ラブストーリー』でブリュッセル独立映画祭の国際コンペティション部門でグランプリを獲得したポット・アーノン監督による青春映画。普通の世界を生きる学生と、闇の組織から足を洗おうともがく薬の密売人ーー運命的に出会った彼らが、苦悩を抱えながらも困難に立ち向かう模様を描く。

 生き別れた母親を探すため、幼馴染で同級生のタイの家に居候しながら、奨学金で中国への留学を目指す優等生ケン。留学に向けた試験も迫るある日、集団から袋叩きにされている青年ボンを目撃し、思わず助けてしまう。薬の密売組織から足を洗いたいボンは、組織から制裁を加えられていたのだった。荒々しくも優しいボンとの出会いは、平穏だったケンたちの日常を大きく揺るがす。本来なら出会うはずがなかった正反対のケンとボン、そしてタイ。彼らを待ち受ける未来とは。

 愛らしい優等生、主人公のケンを演じるのは、タイのBLドラマ『Gen Y The Series』などに出演し、同作から成るタイのアイドルグループ、SBFIVEのセンターでもあるスラデット・ピニワット(愛称:バース)。

 不良の青年のボンを演じたのは、日本でも放送されたタイのBLドラマ『ラブ・バイ・チャンス』で主演を務めたタナポン・スクムパンタナーサーン(愛称:パース)。ケンの親友で居候先でもあるタイ役は、BLドラマ『Bed Friend』で主演を務めたシラホップ・マニティクン(愛称:ネット)が演じた。

『卒業 ~Tell the World I Love You~』本予告

 公開された予告編は、留学のための試験や卒業を間近に控え、同居するタイと楽しく毎日を過ごしていたケンが、ある夜、密売組織から足を洗おうとし、制裁を受けボロボロになっていたボンを助けるという運命的な出会いを果たすところから始まる。友情を育んでいくのケンとボンだったが、ボンの組織から追われることで、彼らの平和だった学生生活が予想だにしない未来へと展開していく様子が切ない音楽に乗せて映し出されている。そして、少年たちのスクールライフ、バイクでの逃走のシーンに加えて、少年たちが顔を近づける様子や、ケンとボンが急速に仲を深めていくさまを見つめるタイの切ない視線なども。ラストでは、「ケンを傷つけさせない」というセリフとともにタイが涙を流している。

 あわせて公開されたポスターでは、半ズボンの学生服を着たケンとタイ、デニムの私服を着たボンの3人が、ツタの緑がかかる壁に寄りかかり並んでいる様子が切り取られている。一見、仲のいい3人の少年たちの戯れの瞬間に見えるが、中央のケンはほほえみを浮かべ、右側のデニボンは影をまとった表情、左側のタイは切なげに中央のケンに視線を送っている構図となっている。そして、中央には、「さよなら。君といた僕。」のキャッチコピーが添えられた。

■公開情報
『卒業 〜Tell the World I Love You〜』
8月25日(金)より、シネマカリテほか全国順次公開
監督・脚本:ポット・アーノン
出演:スラデット・ピニワット、タナポン・スクムパンタナーサーン、シラホップ・マニティクン
配給: ギャガ
107分/タイ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:林完治/字幕監修:高杉美和/原題:Tell the World I Love You
©2021 FLIM GURU CO. LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる