心を許す友同士がかけがえの無い時間を過ごす 『帰れない山』本編映像公開

『帰れない山』焚き火を囲むシーン映像公開

 5月5日に公開される映画『帰れない山』の本編映像が公開された。

 本作は、世界39言語に翻訳され、数々の文学賞に輝いた小説『帰れない山』を映画化し、第75回カンヌ国際映画祭にて審査員賞を受賞した“大人の青春映画”。

 山麓の小さな村で、都会育ちの少年ピエトロと、同い年の牛飼いの少年ブルーノとが出会い濃密な時間を過ごす。やがて大人になった2人は再会し、お互いの心に寄り添いながらもそれぞれの道を進んでいく。北イタリアの雄大なるモンテ・ローザ山麓を舞台に、彼らの友情と成熟を描く。すべてを教えてくれた山と対峙し、それぞれが己と向き合い、葛藤しながら「自分の物語」と「ありのままの自分でいられる場所」を発見し成長していく。

 主人公のピエトロを演じたのは、『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』でダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞助演男優賞に輝き、『マーティン・エデン』では第76回ヴェネチア国際映画祭で男優賞に輝いたルカ・マリネッリ。親友のブルーノ役は、同じくダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で主演男優賞の受賞歴を持つアレッサンドロ・ボルギが演じた。

映画『帰れない山』本編映像

 普段は都会で生活するピエトロと山で暮らすブルーノが、夏の間だけ2人で過ごすための山小屋を完成させるシーンから始まる本編映像では、2人が湖で楽しそうに泳ぎ、焚き火を囲み、毎年夏は一緒に過ごそうと約束する場面が捉えられている。

 ブルーノを演じたボルギは、本作のテーマについて「大きなテーマは友情で、人間同士の絆を作り上げることにあるけれど、ルカとは初めて会ったときからリアルな絆を感じた。それが今回役立ったと思う」と話し、ピエトロを演じたマリネッリも「ピエトロとブルーノはそんなに話をしない。そのかわり、話し合うときはとても深い」と明かした。

■公開情報
『帰れない山』
5月5日(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開
監督・脚本:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン&シャルロッテ・ファンデルメールシュ
原作:パオロ・コニェッティ『帰れない山』(訳:関口英子/新潮クレスト・ブックス)
撮影:ルーベン・インペンス
出演:ルカ・マリネッリ、アレッサンドロ・ボルギ、フィリッポ・ティーミ、エレナ・リエッティ
配給:セテラ・インターナショナル
宣伝協力:ポイント・セット
2022年/イタリア・ベルギー・フランス/イタリア語/1.33:1/5.1ch/147分/日本語字幕:関口英子
©2022 WILDSIDE S.R.L. – RUFUS BV – MENUETTO BV – PYRAMIDE PRODUCTIONS SAS – VISION DISTRIBUTION S.P.A.
公式サイト:www.cetera.co.jp/theeightmountains/

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる