『カムカム』制作陣が語る安子とるいの繋がり 京都編では3世代の響き合いが見どころに

『カムカム』演出陣が語る安子とるいの繋がり

 2代目ヒロイン・るい(深津絵里)と錠一郎(オダギリジョー)が暗闇からなんとか抜け出そうと、住まいを京都に移し心機一転、新生活を始めた『カムカムエヴリバディ』(NHK総合)第13週。

 両親の愛情を知らずに育った2人が“家族”になっていく姿が描かれる中で、初代ヒロイン・安子(上白石萌音)とるいとの繋がりを感じさせるようなシーンが随所に盛り込まれている。

 るいが錠一郎に自転車の乗り方を教えるシーンでは、安子編のワンシーンを思い出した人も多かったのではないだろうか。

 第13週の演出を担当した安達もじりはこのシーンについて、「基本的には安子編に寄せました。自転車に乗っているシーンのカット割りは、安子と稔(松村北斗)の時とほぼ一緒なんです。あえてそういった演出にしました」と、演出意図を明かした。「岡山編の印象的なシーンを彷彿させる場面は、今後も時々出てくる予定です」とのことで、これぞまさに3世代に渡ってヒロインの成長を描く本作ならではの楽しみ方なのだろう。

 また、制作統括の堀之内礼二郎も、安子編とるい編のリンクについてこう語る。「僕らも考えていないような響き合いを視聴者の方が見つけてくれることもあります。第12週のダグラス洋服店でるいが自分はジョーにふさわしくないと身を引こうとするシーンで、安子が稔に辞書を返して別れを告げた場面を思い出したと言っている方がいました。同じ構造になっているのは、意図的にやっているところもあるし、結果として形にしたものが響き合っていることもあって。そういう響き合いが今後もたくさん生まれていくので、脚本の藤本(有紀)さんはこういうことを考えていたのかな、と後々驚かされることばかりです」



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる