『キングスマン:ファースト・エージェント』ワールドプレミア開催 木村昴参加の新映像も

『キングスマン』新作、ワールドプレミア開催

 12月24日に全国ロードショーされる映画『キングスマン:ファースト・エージェント』のワールドプレミアが、現地時間12月6日に英国・ロンドンにて開催された。

 本作は、『キングスマン』『キングスマン:ゴールデン・サークル』に続く、スパイアクションシリーズの最新作。キングスマンの一員として極秘任務を遂行していたハリー(コリン・ファース)&エグジー(タロン・エジャトン)によってその活躍が描かれてきた世界最強のスパイ組織“キングスマン”。どんな強敵が現れようとも屈することなく戦い続けた“キングスマンの誕生秘話”が明かされる。

 ワールドプレミアには、『キングスマン』『キングスマン:ゴールデン・サークル』に続いて監督を務めるマシュー・ヴォーン、主人公オックスフォード公役のレイフ・ファインズ、オックスフォード公の息子コンラッドを演じるハリス・ディキンソン、キングスマンに立ちはだかる最凶の敵ラスプーチン役のリス・エヴァンスをはじめ、ジェマ・アータートン、トム・ホランダー、メインテーマ楽曲を担当するアーティストのFKA Twigsらがレッドカーペットに登場した。

 会場となったシネワールド・レスター・スクエアでは、真っ赤なレッドカーペットが敷き詰められ、ステージには巨大なキングスマンのシンボルマークが登場。ドラムに合わせて軍服姿の屈強な男たちが行進すると、ワールドプレミアの幕が盛大に開かれた。

 ファインズは「いい気分だ。我々は誰もがこのようなイベントが開催できるようになることを待ち望んでいたわけだが、マシューのことを思うと私も嬉しいよ」と興奮収まらない様子。「映画館での体験を失えば、映画文化は多くを失うことになるだろう。音響と大画面に没入する感覚を私は心から愛している。観客が戻ってきて、彼らもそんな体験を求めてくれればと願っているよ」「人間味、愛、そして私が演じるオックスフォード公の息子コンラッドへの父性愛といったものすべてをとても気に入っている。アクションや剣術などと共に、それらが本作に感情面での重みをもたらしていると思うし、そうであることを願っている」と作品の魅力をアピールした。

 ディキンソンは、ヴォーン監督との撮影について「信じられないほど光栄なことだった。マシューはリスクを取る監督だ。スパイジャンルを手掛け、その中でとても大胆なことをしている。他の誰もやったことのないことに挑む」と振り返り、ファインズについて「彼は演技においてとても寛大なアーティストで、自分以外の誰をも助け、支える。現場での彼は見ていて本当に見事だった。圧倒されたね」と絶賛を寄せた。

 また、ヴォーン監督は「本当に安堵しているんだ。映画館で上演されるというのが信じられないよ。かなり長い間ずっと観ていなかったし、完成した後にロックダウンとなったので、観客と共に観ることはできなかった。だから僕の人生で最も非現実的な体験だよ。本作で私は監督であるだけでなく、観客でもあるわけだ」と長い間待ち焦がれた公開に思いを馳せる。続けて、「『アラビアのロレンス』(1962年)で使われたのとまさしく同じレンズで撮影したんだ。壊れてばかりなので、造り直したけど、ワイドスクリーンで見てもらえるように撮影したものだ。スマホやiPadで見てもらうためじゃなくてね。スクリーンに没入してもらえればと思うよ。劇場に行って見てもらうことには本当に価値がある、間違いなくね」と映画館で観るべき作品だとコメント。

 さらに、公開を待ち望むファンへ「『キングスマン』ファンなら、その起源、真の“キングスマン”の姿、そしてその誕生について見られる。『キングスマン』ファンでなくても、楽しんでもらえるはずだ。2時間、現実逃避を楽しむことも出来るんだ。今我々に必要なのは、笑顔にしてくれる何かだが、本作はきっと笑顔にしてくれるだろう」とメッセージを送り、最後に日本のファンへ向けて「日本よ、ありがとう! (本作の)英国人らしさを楽しんでもらいたい。それから日本文化とのクロスオーバーがたくさんあるのも観てもらえると思うよ」と劇中でのサプライズを明かした。

1分でマルわかり! 映画『キングスマン:ファースト・エージェント』特別動画【始まりも超過激】編 12月24日(金)公開

 あわせて特別映像も公開に。『キングスマン』『キングスマン:ゴールデン・サークル』で主人公・エグジーの日本語吹き替えを担当した木村昴がナレーションを担当している。映像では、人類を救うため、自らの諜報網や戦闘力を駆使してキングスマンとして動き始めたオックスフォード公と、世界を混沌に陥れようと目論む“闇の狂団”の刺客にして最大の敵となる“不死身の怪僧”ラスプーチンとの睨みあいや、豪快に銃を放つオックスフォード公家の家庭教師であり”女性キングスマン“のポリーの活躍などが描かれている。

20211207_kingsman_sub08
20211207_kingsman_sub07
20211207_kingsman_sub06
20211207_kingsman_sub02
20211207_kingsman_sub01
20211207_kingsman_sub03
20211207_kingsman_sub04
20211207_kingsman_sub05
20211207_kingsman_sub09
20211207_kingsman_sub10
previous arrow
next arrow
 
20211207_kingsman_sub08
20211207_kingsman_sub07
20211207_kingsman_sub06
20211207_kingsman_sub02
20211207_kingsman_sub01
20211207_kingsman_sub03
20211207_kingsman_sub04
20211207_kingsman_sub05
20211207_kingsman_sub09
20211207_kingsman_sub10
previous arrow
next arrow

■公開情報
『キングスマン:ファースト・エージェント』
12月24日(金)全国公開
監督:マシュー・ヴォーン
出演:レイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
公式サイト:https://www.20thcenturystudios.jp/movie/kingsman_fa.html



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる