吉高由里子主演『最愛』SPダイジェスト放送決定 藤井、梓、しおりに渦巻く疑問をおさらい

『最愛』SPダイジェスト、12月6日放送

 吉高由里子が主演を務めるTBS金曜ドラマ『最愛』のSPダイジェストが12月6日深夜1時35分よりTBS(※一部地域を除く)で放送されることが決定した。

 本作は、殺人事件の重要参考人となった女性実業家・真田梨央(吉高由里子)と、彼女を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平)、そして梨央を支える弁護士・加瀬賢一郎(井浦新)を中心に完全オリジナルで描かれるサスペンスラブストーリー。主演の吉高とは、2019年4月期放送のTBS火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』以来となる新井順子がプロデュースを務め、演出の塚原あゆ子、脚本の奥寺佐渡子、清水友佳子と、2017年4月期の金曜ドラマ枠で放送された『リバース』のスタッフが揃った。

 12月3日に放送された第8話は、梨央と加瀬が行方の分からなかった後藤(及川光博)を見つけ出し、彼が数年前から不正に手を染めていた事実が明らかに。梨央は公にして謝罪をすべきと訴えるが、梓(薬師丸ひろ子)が中心となってまずは社内で今後の対応が話し合われる。一方、優(高橋文哉)の治験がついにスタートする。会社の不祥事や事件解決、新薬の承認と乗り越えなければいけない壁は多いが、そんな中でも梨央と大輝は「将来を一緒に考えたい唯一の人」と互いの気持ちを確かめ合った。そして、昭(酒向芳)殺害事件の真相解明につながるかもしれないペンの存在に大輝が気づき、梨央に協力を求める展開も描かれた。

 残すところあと2話。12月10日放送の第9話は、新薬の申請を前に梨央がますます窮地に立たされる。週刊誌に真田ウェルネスの寄付金詐欺疑惑と、しおり(田中みな実)の不審死に関する記事が掲載され、梨央に再び疑いの目が向けられる。昭の遺体とともに池から見つかったペンは誰のもので、殺したのは誰なのか、藤井(岡山天音)は何をしに東京にやってきたのか、梓は会社の不正や殺人事件に関わっているのか、しおりの転落死は事件か事故か、さまざまな疑問が渦巻く。

 今回放送が決定したSPダイジェストでは、第1話から第8話までを一気に振り返り、事件の真相とラブストーリーの行方を考察する。

『最愛』第8話放送後初公開の場面写真

■放送情報
金曜ドラマ『最愛』SPダイジェスト
TBSにて、12月6日(月)深夜1:35〜3:30放送
※一部地域を除く

金曜ドラマ『最愛』
TBS系にて、毎週金曜22:00~22:54放送
出演:吉高由里子、松下洸平、田中みな実、佐久間由衣、高橋文哉、奥野瑛太、岡山天音、薬師丸ひろ子(特別出演)、光石研、酒向芳、津田健次郎、及川光博、井浦新
脚本:奥寺佐渡子、清水友佳子
プロデュース:新井順子
演出:塚原あゆ子
編成:中西真央、東仲恵吾
主題歌:宇多田ヒカル「君に夢中」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作:TBSスパークル、TBS
(c)TBS



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる