ザ・スミス解散の一夜映す 『ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド』場面写真公開

『SOTW』ザ・スミス解散の一夜映す

 12月3日より公開される映画『ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド』の新たな場面写真が公開された。

 本作は、1980年代の若者たちの姿を描いた青春音楽映画。痛烈な歌詞と独特の音楽性で、イギリスのミュージックシーンを席巻したバンド“ザ・スミス”の、タイトルにもなった「ショップリフターズ」、代表曲「ゼア・イズ・ア・ライト」、「ディス・チャーミング・マン」、「心に茨を持つ少年」などの20曲以上の楽曲の数々と、貴重なインタビュー映像が使用されている。

 1987年、コロラド州デンバー。スーパーで働くクレオは、大好きなザ・スミス解散のニュースにショックを受け、レコードショップのディーンに「町の連中に一大事だと分からせたい」と訴える。ディーンはクレオをデートに誘うが、クレオは友達に会いに行ってしまう。1人になったディーンは、地元のヘビメタ専門ラジオ局に行き「ザ・スミスの曲をかけろ!」とDJに銃を突きつけるのだった。

 場面写真では、レコードショップで銃を手に神妙な面持ちのディーンや、パーティー会場からラジオ局に電話をかけるクレオ、パトカーを取り囲むスミスファン、マドンナのファッションを完コピし踊るシーラの姿などが確認できる。“伝説のバンド”ザ・スミス解散の日、その悲しみを抱え街へ飛び出した若者たちのそれぞれの一夜が断片的に切り取られている。

『ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド』場面写真

■公開情報
『ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド』
12月3日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
出演:ヘレナ・ハワード、エラー・コルトレーン、エレナ・カンプーリス、ニック・クラウス、ジェームズ・ブルーア、ジョー・マンガニエロ
監督・脚本:スティーヴン・キジャック
配給:パルコ
2021年/アメリカ=イギリス映画/英語/カラー/シネスコ/91分/原題:Shoplifters of the World/映倫:G
(c)2020 SOTW Ltd. All rights reserved
公式サイト:sotw-movie.com



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる