『異物 -完全版-』の公開日が2022年1月15日に決定 予告編&メインビジュアルも

 『異物 -完全版-』の公開日が2022年1月15日に決定し、あわせて予告編とメインビジュアルが公開された。

 本作は、映画『黒い暴動』『サラバ静寂』『転がるビー玉』の宇賀那健一監督が手がけた短編映画『異物』『適応』『増殖』『消滅』の4作品が繋がった長編作品。

 何かが噛み合わないカップル、カオル(小出薫)とシュンスケ(田中俊介)。そんな日々に不満を抱えているカオルのもとへ突然“異物”がやってくる。そして最終的には二人のもとへ。その頃、トモミ(石田桃香)の働くカフェには、元恋人同士のコウダイ(吉村界人)とミナ(田中真琴)がやってくる。煙草をくゆらせながら神妙な面持ちで話をしはじめる二人。それから数カ月後、工場で働くリュウ(宮崎秋人)はとあるものを見つけ、事務員であるミサト(高梨瑞樹)と共に工場長のタケシ(ダンカン)にとあるお願いをしに向かうのだった。そうして気が付けば、カオルのもとに“異物”が現れてから1年が経過していた。1年前とうって変わって何かが吹っ切れた様子でとあるバーへ出かけたカオルは、謎の女(田辺桃子)と会うこととなる。

 公開されたメインビジュアルでは、「不条理を愛でろ。」というコピーとともに、意味深な影が忍び寄る様子が切り取られている。

映画『異物 -完全版-』予告編

 予告編では、「それはやってくる」という文字を皮切りに「夜、家に帰ったらいたんだよ」「いきたいよ、俺いきたいよって言ってます」などのセリフとともに、“あいつ”が見え隠れする様子が描かれている。

 また、劇中で使用した世界に一つしかない“あいつ”本体をプレゼントするスペシャルプランや、映画のエンドロールに名前が記載されるプランなど、幅広いリターンを用意したクラウドファンディングも11月9日より開始される。

■公開情報
『異物 -完全版-』
2022年1月15日(土)ユーロスペース渋谷ほか全国順次公開
監督・脚本:宇賀那健一
エグゼクティブプロデューサー:中原隆(サウスキャット)
出演:小出薫、田中俊介、石田桃香、吉村界人、田中真琴、宮崎秋人、ダンカン、高梨瑞樹、田辺桃子、佐倉仁菜、春野恵、璃乃、宮藤あどね、樹智子、オクヤマ・ウイ、フカミ・アスミ、ムラタ・ヒナギク
配給:Vandalism
製作:『異物-完全版-』製作委員会
(c)『異物-完全版-』製作委員会
公式サイト:http://extraneousmatter.com
公式Twitter:@ExtraneousMatt1
公式Instagram:@ibutsu_movie/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる