『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』日本版ポスター&劇場版予告公開

 映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の日本公開日が2022年1月28日に決定し、あわせて日本版ポスターと劇場版予告が公開された。

 舞台となるのは、巨大複合企業アンブレラ社の拠点がある街、ラクーンシティ。この街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールド(カヤ・スコデラリオ)は、アンブレラ社がある事故を起こしたことで、街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへと戻ってきた。ラクーン市警(R.P.D)の兄クリス・レッドフィールド(ロビー・アメル)はクレアの言うことをありえない陰謀論とあしらうが、やがて二人は街中を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。次々と襲い掛かってくる住民たち。そんな中、二人はアンブレラ社が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが……。

 脚本・監督を務めるのは、『海底47m』シリーズのヨハネス・ロバーツ。本作について、「ゲームシリーズに基づくホラー映画を目指した」とコメントしている。

 公開された日本版ポスターでは、巨大複合企業「アンブレラ社」のロゴを背景に、クレア、クリス、ジル(ハナ・ジョン=カーメン)、ウェスカー(トム・ホッパー)、レオン(アヴァン・ジョーギア)の5人が勇ましく佇み、さらには、“「絶望はこの街で産声をあげるーー。”>というコピーが。ラクーンシティで起きた一夜の出来事が、全ての悲劇の始まりとなったことを示唆する。

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』劇場版予告

 あわせて公開された劇場版予告のラストでは、「人体実験」「研究」「拡散」「機密」「漏洩」……など、それを紐解くカギと思われるキーワードが散りばめられている。

■公開情報
『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』
2022年1月28日(金)全国公開
脚本・監督:ヨハネス・ロバーツ
出演:カヤ・スコデラリオ、ハナ・ジョン=カーメン、ロビー・アメル、トム・ホッパー、アヴァン・ジョーギア、ドナル・ローグ、ニール・マクドノー
配給:ソニー・ピクチャーズ
原題:Resident Evil: Welcome To Raccoon City
公式サイト: https://www.biomovie.jp/
公式Twitter: https://twitter.com/BiomovieJP
公式Instagram:https://www.instagram.com/BiomovieJP/
公式Facebook:  https://www.facebook.com/BiomovieJP/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる