堤幸彦50作目の監督作『truth』本予告公開 ノースイースト国際映画祭への正式出品も決定

 2022年1月7日に公開される堤幸彦監督作『truth 〜姦しき弔いの果て〜』の本予告が公開された。

 本作は、俳優・広山詞葉が発起人となり、撮影や舞台などが軒並み延期・中止となった仲間に声をかけ、スタートしたプロジェクト。

 脚本は堤監督の原案を元に、日本アカデミー賞を受賞した『明日への記憶』や『2LDK』のタッグの再来となる三浦有為子が担当する。本作のプロデューサーでもある俳優3人(広山詞葉、福宮あやの、河野知美)のワンシチュエーション会話劇で、「精子バンク」をテーマに、女の本音を描く。キャストには佐藤二朗も“忖度出演”として名を連ねる。

 本予告は、コロナ禍で表現の場を失ってしまった、本作の主演兼企画発起人の広山詞葉、福宮あやの、河野知美らが、現状打破しようと映画製作に踏み切ったきっかけの会話から始まる。「監督! 私たち映画創りたいんです!!」。3人が情熱のまま直々にオファーし、その気概に応えたのは堤監督。必死の想いで申請をした文化庁による「文化芸術活動の継続支援事業」助成金を元に、予算約700万円&撮影2日間という低予算かつ物理的な制約の中、 堤組が集結し製作がスタート。マウント命の美貌の受付嬢、元ヤンのシングルマザー、謎多きセレブ医師。同じ男(忖度出演:佐藤二朗)を愛した3人の女性たちが、彼の葬儀の夜に鉢合わせ、己のプライドをめぐる壮絶な舌戦が繰り広げられるシーンが切り取られている。

『truth ~姦しき弔いの果て~』予告編

 さらに本作のノースイースト国際映画祭正式出品が決定。これまで、ローマインターナショナルムービーアワード最優秀作品賞、ベルリンインディー映画祭特別賞、ウルバッティ国際映画祭女性映画最優秀作品賞、ゴールデンスパロウ国際映画祭審査員特別賞、モントリオールインディペンデント映画祭最優秀短編コメディ賞を受賞している。

■公開情報
『truth 〜姦しき弔いの果て〜』
2022年1月7日(金)新宿シネマカリテほか全国順次公開
出演:広山詞葉、福宮あやの、河野知美
忖度出演:佐藤二朗
監督・原案:堤幸彦
脚本:三浦有為子
企画:畑義久(レディバード)
エグゼクティブプロデューサー:鬼頭理三
プロデューサー:広山詞葉、福宮あやの、河野知美
音楽プロデューサー:茂木英興
音楽:魚返明未
制作協力:オフィスクレッシェンド
配給:ラビットハウス
(c)2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ

■開催情報
「堤幸彦監督映画50作公開記念上映会」
11月27日(土)~12月3日(金)K’s cinema にて開催
以後、12月11日(土)シネ・ヌーヴォ、12月18日(土)~シネマスコーレ、12月24日(金)~京都みなみ会館にて開催
※各映画館では1日1回上映を予定。上映時間などは劇場にて

 



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる