サンダンス映画祭史上最高額の26億円で落札 『コーダ あいのうた』2022年1月公開決定

 サンダンス映画祭史上最高額26億円で落札された映画『CODA(原題)』が、『コーダ あいのうた』の邦題で2022年1月に日本公開されることが決定した。

 家族の中でたった一人“健聴者”である少女・ルビーは、“歌うこと”を夢みた。そして、彼女が振り絞った一歩踏み出す勇気が、愉快で厄介な家族も、抱えた問題もすべてを力に変えていく。

 今年4月に行われたサンダンス映画祭で、観客賞をはじめ史上最多の4冠に輝き、配給権の争奪戦が勃発。映画祭史上最高額約26億円で落札されたことも大きなニュースになった。CODA(コーダ)は、Children of Deaf Adults= “耳の聴こえない両親に育てられた子ども”の意。また、音楽用語としては、楽曲や楽章の締めを表す、“新たな章の始まり”の意も。本作は2015年に日本でも公開されたフランス映画『エール!』のハリウッド版リメイクでもある。

 豊かな自然に恵まれた海の町で暮らす高校生のルビーは、両親と兄の4人家族の中で一人だけ耳が聞こえる。陽気で優しい家族のために、ルビーは幼い頃から“通訳”となり、家業の漁業も毎日欠かさず手伝っていた。新学期、秘かに憧れるクラスメイトのマイルズと同じ合唱クラブを選択するルビー。すると、顧問の先生がルビーの歌の才能に気づき、都会の名門音楽大学の受験を強く勧める。だが、ルビーの歌声が聞こえない両親は娘の才能を信じられず、家業の方が大事だと大反対。悩んだルビーは夢よりも家族の助けを続けることを選ぶと決めるが、思いがけない方法で娘の才能に気づいた父は、意外な決意をし……。

 歌と手話の特訓を受け主人公のルビーを演じたのは、大ヒットTVシリーズ『ロック&キー』のエミリア・ジョーンズ。『シング・ストリート 未来へのうた』のフェルディア・ウォルシュ=ピーロも共演を果たした。さらに、『愛は静けさの中に』のオスカー女優マーリー・マトリンをはじめ、全員が実際に耳の聞こえない俳優たちがルビーの家族を演じた。監督を務めたのは、『タルーラ 〜彼女たちの事情〜』のシアン・ヘダー。

 あわせて公開されたポスタービジュアルには、家族にとって大事な場所である海辺の前で撮影した、記念写真のような風景が収められている。

■公開情報
『コーダ あいのうた』
2022年1月全国ロードショー
監督・脚本:シアン・ヘダー
出演:エミリア・ジョーンズ、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、マーリー・マトリン
配給:ギャガ
原題:CODA/2021年/アメリカ・フランス・カナダ/カラー/ビスタ`/5.1chデジタル/112分/字幕翻訳:古田由紀子/PG12
(c)2020 VENDOME PICTURES LLC, PATHE FILMS
公式サイト:gaga.ne.jp/coda



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる