ジョディ・フォスターとタハール・ラヒムが心理バトル 『モーリタニアン』本編映像公開

『モーリタニアン』面会心理バトル映像公開

 10月29日に公開される映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』より本編映像が公開された。

 2015年、アメリカ政府による検閲で多くが黒く塗りつぶされた手記が出版された。筆者のモハメドゥ・ウルド・スラヒはその時、キューバのグアンタナモ米軍基地に収容されていた。異例尽くしのこの本は、またたく間にアメリカでベストセラーを記録し、その後、世界20か国で刊行された。本作は、その原作をもとに、『ラストキング・オブ・スコットランド』『消されたヘッドライン』のケヴィン・マクドナルドが監督を務め映画化したもの。

 2005年、弁護士のナンシー・ホランダー(ジョディ・フォスター)はアフリカのモーリタニア出身、モハメドゥ・スラヒ(タハール・ラヒム)の弁護を引き受ける。9.11の首謀者の1人として拘束されたが、裁判は一度も開かれていない。キューバのグアンタナモ収容所で地獄のような投獄生活を何年も送っていた。ナンシーは「不当な拘禁」だとしてアメリカ合衆国を訴える。時を同じくして、テロへの“正義の鉄槌”を望む政府から米軍に、モハメドゥを死刑判決に処せとの命が下り、スチュアート中佐(ベネディクト・カンバーバッチ)が起訴を担当する。真相を明らかにして闘うべく、両サイドから綿密な調査が始まる。モハメドゥから届く手紙による“証言”の予測不能な展開に引き込まれていくナンシー。ところが、再三の開示請求でようやく政府から届いた機密書類には、愕然とする供述が記されていた。

映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』本編映像

 今回公開された映像は、ナンシー弁護士がたった一人でモハメドゥと面会する場面。まさかモハメドゥが拷問され自白を強要されたとは知らないナンシーは、テロリストを見るような疑念の眼差しでモハメドゥと対峙する。当のモハメドゥはどのような取り調べが行われたのかを明らかにしないばかりか、なぜか話をそらして苛立ちを口にするばかり。そしてナンシーを“口撃”する。その心理の背景にあるのは恥辱と恐怖。モハメドゥは拷問された事実を知られることを恥じており、非道な取り調べが行われた事実を監視の目が光る場所で話すことを恐れてもいるのだ。

 ナンシーとモハメドゥは「冗談じゃない、自分の首を絞める行為だ」「真実を知らないと弁護できない」「なにを言ったって無意味だ。俺はここで死ぬんだ!」「これこそが私の人生。あなたのような人を助けている」などと自らの人生とプライドをかけて言い争う。鬼気迫る空気感を生み出すためにフォスターとラヒムは事前打ち合わせもなく、演技プランなしで当該シーンに臨んだという。

 ラヒムは「とても奇妙で不思議な時間だったよ。脚本どおりに演じるのとは違い、感情のままに動いてそれに相手が反応する。ただその瞬間に身を置き何かを作り出す。相手役がジョディで本当に幸運だったよ」と同シーンの撮影について振り返っている。

『モーリタニアン 黒塗りの記録』場面写真

■公開情報
『モーリタニアン 黒塗りの記録』
10月29日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督:ケヴィン・マクドナルド
出演:ジョディ・フォスター、ベネディクト・カンバ―バッチ、タハール・ラヒム、シャイリーン・ウッドリー、ザッカリー・リーヴァイ
原作:モハメドゥ・ウルド・スラヒ『モーリタニアン 黒塗りの記録』(河出文庫)
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
2021年/イギリス/英語・アラビア語・フランス語/129分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ/5.1ch/原題:The Mauritanian/G/字幕翻訳:櫻田美樹
(c)2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:kuronuri-movie.com
公式Twitter:https://twitter.com/kuronuri_kiroku



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる