トム・ホランドとデイジー・リドリーが逃走! 『カオス・ウォーキング』場面写真公開

トム・ホランド&デイジー・リドリー逃走!

 11月12日より公開されるトム・ホランド主演映画『カオス・ウォーキング』の場面写真が公開された。

 本作はガーディアン賞、カーネギー賞など、数々の名立たる文学賞を制するパトリック・ネスのSF小説を映画化したもの。ホランドが“ノイズ”によって頭の中の思考や想像があらわになる青年・トッドを演じたほか、デイジー・リドリー、マッツ・ミケルセンが出演する。監督を務めたのは、『Mr.&Mrs. スミス』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のダグ・リーマン。

 西暦2257年、「ニュー・ワールド」。そこは、汚染した地球を旅立った人類がたどり着いた「新天地」のはずだった。だが、男たちは頭の中の考えや心の中の想いが、「ノイズ」としてさらけ出されるようになり、女は死に絶えてしまう。この星で生まれ、最も若い青年であるトッド(トム・ホランド)は、一度も女性を見たことがない。ある時、地球からやって来た宇宙船が墜落し、トッドはたった一人の生存者となったヴァイオラ(デイジー・リドリー)と出会い、ひと目で恋におちる。ヴァイオラを捕えて利用しようとする首長のプレンティス(マッツ・ミケルセン)から、彼女を守ると決意するトッド。二人の逃避行の先々で、この星の驚愕の秘密が明らかになっていく。

 場面写真では、美しき銀河を漂う円盤型宇宙船、「ニュー・ワールド」プレンティスタウンに墜落した宇宙船など、美術デザイン手がけたダン・ヴェイルのヴィジョンとVFXスーパーバイザーのマット・ジョンソンによるイマジネーションの数々を見ることができる。

 そのほか、ホランドとリドリーが何らかの脅威から逃げる様子や、プレンティスタウンを牛耳り、唯一ノイズをコントロールできる謎の男プレンティス役のミケルセンの姿も。テンガロンハットに毛皮コートを纏ったプレンティスの頬には、戦争での死闘を仄めかす大きな十字傷も。傍らにはジョナス・ブラザーズのリードボーカルとして知られるニック・ジョナスの姿も見られる。さらには、かつてリーマン監督が手がけたトム・クルーズ主演作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を彷彿とさせるショットなども確認できる。

『カオス・ウォーキング』場面写真

■公開情報
『カオス・ウォーキング』
11月12日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開
出演:トム・ホランド、デイジー・リドリー、マッツ・ミケルセン、デミアン・ビチル、シンシア・エリヴォ、ニック・ジョナス、デヴィッド・オイェロウォ
監督:ダグ・リーマン
脚本:パトリック・ネス&クリストファー・フォード
原作:『心のナイフ』〈混沌(カオス)の叫び1〉パトリック・ネス著(東京創元社)
配給:キノフィルムズ
原題:Chaos Walking/2021年/アメリカ・カナダ・香港/英語/109分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ/G/字幕翻訳:大西公子
(c)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved
公式サイト:cw-movie.jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる