『ブライト:サムライソウル』に坂本真綾、宮野真守ら出演 本編アクションシーンも公開

坂本真綾ら『ブライト:サムライソウル』出演

 10月12日よりNetflixにて全世界独占配信されるNetflix映画『ブライト:サムライソウル』の追加キャストとして、坂本真綾、津田健次郎、茶風林、宮野真守、鈴村健一の出演が発表。あわせて本編アクションシーンと場面写真が公開された。

 本作は、ウィル・スミス主演映画『ブライト』のスピンオフアニメ。『四月は君の嘘』『クジラの子らは砂上に歌う』『サイダーのように言葉が湧き上がる」のイシグロキョウヘイが監督を務める。『進撃の巨人 The Final Season』『ゾンビランドサガ リベンジ』など数多くの作品でCG制作に携わったアレクトがアニメーション制作を担当。ハリウッドの実写映画『ブライト』の世界観を継承しながらも、舞台は幕末から明治の日本に設定された。

 幕末から明治の狭間。長き江戸の時代は血が流れる代わりに光(ワンドが放つ力)をもって終わりを迎え、新しい時代に向けて変わり始めていた。そんな世界の中で、生きる目的を失った隻眼の浪人「イゾウ」と、人殺しに嫌気が差し、盗賊から足を洗おうとしているオーク「ライデン」の二人は、時を同じくして出会ったエルフの少女「ソーニャ」と彼女が持つ「ワンド」を、北にあるエルフの国に無事送るため、東海道を旅することになる。3人の行く手を阻むのは、森羅万象すべてを従える「ダークロード」の復活を目指して「ワンド」を手にしようとする謎の組織(インファーニ)。彼らは新政府も巻き込んでイゾウたちから「ワンド」を奪おうとする。京都から横浜までの東海道を舞台に、イゾウとライデンの「ワンド」を守る旅が始まる。

 坂本は京都一の遊女でソーニャを手元に置く千早役、津田はライデンの主で殺人狂の頭目(とうもく)役を演じる。そのほか、茶風林はイゾウとライデンの助けとなる富士山の風穴に隠れ住む賢人のツクヨミ役、宮野は人買いからソーニャを買う朝日楼の楼主役、鈴村は明治政府の要人でインファー二と結託する大久保役として出演する。

 新場面写真では、個性豊かで一筋縄でいかない表情を浮かべているキャラクターたちの様子が切り取られている。本編映像では、主人公のイゾウとライデンが初めて出会い、激しいバトルを繰り広げるアクションシーンを確認することができる。

『ブライト:サムライソウル』本編映像

 また、本作の音楽はLITEが担当。LITEのファンであるイシグロキョウヘイは、マスロックを以前からアクションアニメに使いたいという構想があり、今回自らオファーして実現した。

『ブライト:サムライソウル』場面写真

■配信情報
Netflix映画『ブライト:サムライソウル』
Netflixにて、10月12日(火)より全世界独占配信予定
キャスト:野村裕基、平川大輔、若山詩音、MIYAVI、坂本真綾、津田健次郎、茶風林、宮野真守、鈴村健一
監督:イシグロキョウヘイ
脚本:横手美智子
キャラクターデザイン:山形厚史
アニメーション制作:アレクト
Netflixタイトルページ:www.netflix.com/brightsamuraisoul



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる