マイケル・マイヤーズのマスクが剥がされる!?  『ハロウィン KILLS』最終予告公開

『ハロウィン KILLS』最終予告編

 10月29日に公開されるホラー映画『ハロウィン KILLS』の最終予告が公開された。

 1978年、ホラー映画の鬼才ジョン・カーペンター監督が生み出した『ハロウィン』。後世に語り継がれるホラーアイコン“ブギーマン”と、恐怖を煽る象徴的な音楽が話題を呼び、32万5000ドルの製作費で4700万ドルの興行収入を記録。世界的に脚光を浴び、以降のホラー映画に多大な影響を与えた。そして2018年、40年ぶりにオリジナルの続編として『ハロウィン』が公開。最終的に全米1億5934万ドル、全世界で2億5561万ドルを稼ぐ大ヒットとなった。

 2021年、ハロウィンの悪夢は終わっていなかった。ローリー・ストロードたちは死闘の末、燃え盛る家とともにブギーマンを葬ったと思っていた。しかし、ブギーマンは業火の中から生還し、再びハドンフィールドの街を“進化した恐怖”で陥れる。主人公のローリー・ストロードを、1978年に同役を務めたジェイミー・リー・カーティスが続投。ローリーの娘カレン役をジュディ・グリア、孫のアリソン役をアンディ・マティチャックが務める。『ハロウィン』生みの親であるカーペンターが製作総指揮と音楽を務め、『透明人間』を製作したジェイソン・ブラム率いるブラムハウス・プロダクションズとともに“現代の恐怖”をブギーマンに投影。前作『ハロウィン』に引き続きデヴィッド・ゴードン・グリーンが監督を務めた。

映画『ハロウィン KILLS』の最終予告編

 このたび公開された最終予告の映像は、「助けてはダメ!」というローリーの悲痛な叫びと共に開幕。ローリーが燃え盛る炎で葬り去ったはずが、生還してしまった“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズは再びハドンフィールドの街で凶行に及ぶ……。そして、「40年前、ブギーマンが私たちの前に現れた」と、かつて、ただ怯え逃げながら反撃するのも精一杯だったローリー・ストロードの過去の姿がフラッシュバックする。続いて当時の惨劇を経験したハドンフィールドの住人たちの過去と現在の姿も映し出される。

 1978年『ハロウィン』でまだベビーシッターにあやされる子供だったリンジー・ウォレス(カイル・リチャーズ)、そして最初に襲われた看護師マリオン・チェンバース(ナンシー・スティーヴンス)らが40年ぶりに再登場することが明らかに。長年ブギーマンの影に怯え生きてきた彼女たちも悪夢を終わらせようと決意。「今度こそ、私たちが、必ず終わらせる―」と固く決意するローリー一家3世代と共に、ハドンフィールドの住人たちが不死身のブギーマンに対して勝負に出る。「悪魔を殺せ!」と群衆が暴走しそうな中、マイケルはかつて自分が生まれ育った家に向かっていることが判明。ローリーたちは40年にもわたる因縁に終止符を打つことができるのか。そしてついに、マイケルのマスクが剥がされる衝撃の一幕も。果たして、混乱に満ちた戦いは決着するのか。

■公開情報
『ハロウィン KILLS』
10月29日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、カイル・リチャーズ、ジェームズ・ジュード・コートニー、ニック・キャッスル、ディラン・アーノルド
製作:ジェイソン・ブラム、マレクアッカド
音楽:ジョン・カーペンター
製作総指揮:ジョン・カーペンター、ジェイミー・リー・カーティス、ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン
配給:パルコ ユニバーサル映画
2021年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:Halloween Kills/R-15
(c)UNIVERSAL STUDIOS 
公式Twitter:@HALLOWEEN_MOV



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる