長谷川京子、『死神さん』で田中圭の4代目相棒に 「相棒役はすごく楽しかったです」

長谷川京子、『死神さん』で田中圭の相棒に

 長谷川京子が、9月17日より配信される田中圭主演のHuluオリジナル『死神さん』に出演することが決定した。

 大倉崇裕の同名小説(幻冬舎文庫刊)を映像化する本作は、堤幸彦が監督を務め、主演の田中が「死神」と呼ばれるダークヒーローへと大変貌を遂げるミステリードラマ。

 田中が演じる主人公・儀藤堅忍は、警視庁内にある謎の部署でたったひとり、無罪確定となった事件を再捜査するクセモノ刑事。警察組織が掘り返されたくない事件の証言と証拠を徹底的に洗い直して、事件を180度転換させ、真犯人を検挙していく。それゆえ、彼の相棒になる者も組織から疎まれ、出世の道を閉ざされることに。こうした背景から組織内で「死神」とあだ名をつけられ、感謝も愛されもしない状況の中、誰とも群れない儀藤は相棒を常に変えながら、闇に葬られた真相をあぶり出していく。

 これまで小手伸也、蓮佛美沙子、EXITのりんたろー。がゲストとして発表されてきた本作。第4話で儀藤の相棒となる、警視庁人事課の監察係・陣野澄役に、長谷川が決定した。

 陣野は、いわゆるキャリア組。金町北署内で発生した押収物窃盗事件の犯人と疑われ自殺した同署会計課の女性警察官・桑山とは警察学校の同期で、捜査の報告を受ける立場でもあったことから儀藤の相棒に指名さるが、「犯人は桑山しかいない」と断定する陣野は再捜査には後ろ向き。そのうえ警務部長から再捜査を妨害するよう指示されている。

 長谷川は「陣野はエリートでここまで来た女性ですが、警視庁の中で上に上がって組織を変えたいという野望がありつつも、組織にまみれていくという部分も正直あって。組織に馴染まないと上に上がれない、という気持ちもきっとあったと思いますが、その中でこの事件が起き、儀藤と出会って、彼女が自分を律していく、というところは、非常に気丈だし、正義に対してすごく真剣に向き合おうとしている強い女性かなと思います。儀藤の相棒役はすごく楽しかったです。儀藤は基本的に感情の変化がない人ですが、儀藤との長い掛け合いのシーンでは、儀藤の感情の変化みたいなものが見られ、その中で私が踊らされている感じが、すごく楽しかったです。ドラマの見どころはやはり、儀藤との掛け合いです。同じ組織の人間ですが、外部の人間みたいな起爆剤がやって来て、彼女が変わっていく様を観ていただけたらと思います」とコメントしている。

 また、あわせて公開された第4話のPR映像では、容疑者死亡のまま書類送検されるという、これまでとは違うパターンの再捜査に挑む様子が映し出されている。「何の再捜査をさせられるの?」と渋々儀藤に協力することとなった陣野と、自殺した警察官のあやしい関係、その裏には警察組織の隠蔽工作。いつもとは一味違う事件にワクワクしている儀藤だが、果たして陣野は味方なのか。噓が渦巻き、ミステリアスさが加速する内容となっている。

「死神さん」第肆話PR映像

■配信情報
Huluオリジナル『死神さん』
Huluにて、9月17日(金)〜毎週金曜に1エピソードずつ配信(全6話)
出演:田中圭、前田敦子ほか
ゲスト:小手伸也、蓮佛美沙子、りんたろー。、長谷川京子ほか
原作:大倉崇裕『死神さん』(幻冬舎文庫)
演出:堤幸彦(第1話・第2話・第6話)、藤原知之(第3話・第4話)、稲留武(第5話)
脚本:渡辺雄介
エグゼクティブプロデューサー:長澤一史
チーフプロデューサー:茶ノ前香
プロデューサー:大野哲哉、中沢晋
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
製作著作:HJホールディングス
(c)HJホールディングス
公式サイト:https://www.hulu.jp/static/shinigamisan/
公式Twitter:https://twitter.com/shinigami_Hulu



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる