坂東龍汰&窪塚愛流、『この初恋はフィクションです』出演決定 主人公のクラスメイトに

坂東龍汰&窪塚愛流、よるおびドラマ出演へ

 10月スタートの「よるおびドラマ」『この初恋はフィクションです』に、坂東龍汰と窪塚愛流が出演することが決定した。

 10月より毎週月曜から木曜の深夜24時40分から15分枠で放送される本作。「よるおびドラマ」として深夜にドラマを帯番組で放送するのはTBS史上初の試みとなる。企画・原案には多くの話題作を手がける秋元康、脚本を『おっさんずラブ』シリーズ(テレビ朝日系)、『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)などを手がけた徳尾浩司が務めるオリジナルの青春群像ラブストーリーだ。

 また、民放初の試みとして、YouTubeで全話配信を実施。1話約15分という特性を活かし、若い世代に通学・通勤時間などの隙間時間にいつでも作品を楽しんでもらえるよう、月曜日から木曜日の放送回をその週の金曜日にYouTubeで一挙配信する。

 毎週土曜深夜に放送中の『私が女優になる日_』で全国9000人の中から選ばれた10人による演技バトルで1位に輝いたメンバーがドラマ初出演にして初主演を務め、その他主要キャストである女子生徒役も演技バトル上位者が演じる。

 このたび、主演キャストの発表を前に、主人公の倉科泉が通う桜彩館高校のクラスメイト役が発表された。

 爽やかで好青年、クラスのムードメーカーであり、泉に密かに恋をする野島啓介(のじま・けいすけ)役に、『閉鎖病棟 ―それぞれの朝―』『スパイの妻』『ハニーレモンソーダ』の坂東が決定。癒し系でみんなのマスコット的な存在であり、坂東演じる野島といつも一緒にいる田野来玖(たの・らいく)を、『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系)の窪塚が演じる。

 今後、主人公の泉が通う桜彩館高校の担任の先生や、家族を演じる共演キャストも続々と発表される予定だ。

コメント

坂東龍汰

僕が演じるノジは、普段ははっちゃけていて、明るくてムードメーカー的な存在ですが、真面目な時は真面目にちゃんとできる子です。ちょっと自分と似ている部分がある気がしていて、素がでてきてしまう部分もあるかもしれないと思っています(笑)。このドラマは初ドラマのキャストや年下の子ばかりなので、僕もフレッシュにキラキラできたら。みんなで支え合って、カバーし合いつつ、いいものを作っていきますので、ぜひお楽しみにしていてください。

窪塚愛流

いつもニコニコしていて、みんなをほのぼのさせるキャラクターのライクを演じます。
好きな作品が学園ものだったりして、以前からとても出演したかったので、お話をいただいた時はめちゃくちゃうれしかったです。レギュラーメンバーなので、みんなと仲良く頑張っていきたいです。撮影している今はとても暑いですが、暑さに負けないように、3カ月という長いようで短い期間を過ごしていけたらと思います。『この初恋はフィクションです』を見て笑顔や元気になってもらえたらうれしいです。

プロデューサー・松本友香

2年くらい前から見るドラマ・見る映画でいつも強く惹かれる役者さんがいたのですが、それが坂東さんでした。この2年間ずっとご一緒したく、今回それが実現し、とてもうれしくワクワクしております。坂東さんが、クラスの中心である野島啓介という役を全身で演じてくださるので、初ドラマのキャストが多いこのチームのリーダー的存在となってみんなを引っ張ってくださると期待しています。
窪塚さんは、初めてお会いした時、圧倒的なスタイルに思わず声が漏れたのを覚えています(笑)。撮影現場では田野来玖の役とご本人が重なる部分があり、すごく純粋で、フワっとしていて、その存在感に現場も癒されております。自由な感性を持っている役者さんだと思うので、予想外のお芝居を見られるのがとても楽しみです。

■放送情報
『この初恋はフィクションです』
TBS系にて、10月スタート 毎週月曜~木曜深夜24:20~24:55放送(※一部地域を除く)
企画・原案:秋元康
脚本:徳尾浩司
プロデューサー:松本友香、韓哲
演出:宮崎陽平、岡本伸吾、小牧桜
製作著作:TBS
(c)TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/hatsukoi_f_tbs/
公式Twitter:@hatsukoi_f_tbs
公式Instagram:hatsukoi_f_tbs
公式TikTok:hatsukoi_f_tbs



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる