りんたろー。『死神さん』で田中圭の3代目相棒に 「自分にできるか不安がありました」

りんたろー。『死神さん』で田中圭の相棒に

 EXITのりんたろー。が、9月17日より配信される田中圭主演のHuluオリジナル『死神さん』に出演することが決定した。

 大倉崇裕の同名小説(幻冬舎文庫刊)を映像化する本作は、堤幸彦が監督を務め、主演の田中が「死神」と呼ばれるダークヒーローへと大変貌を遂げるミステリードラマ。

 田中が演じる主人公・儀藤堅忍は、警視庁内にある謎の部署でたったひとり、無罪確定となった事件を再捜査するクセモノ刑事。警察組織が掘り返されたくない事件の証言と証拠を徹底的に洗い直して、事件を180度転換させ、真犯人を検挙していく。それゆえ、彼の相棒になる者も組織から疎まれ、出世の道を閉ざされることに。こうした背景から組織内で「死神」とあだ名をつけられ、感謝も愛されもしない状況の中、誰とも群れない儀藤は相棒を常に変えながら、闇に葬られた真相をあぶり出していく。

 これまで小手伸也、蓮佛美沙子がゲストとして発表されてきた本作。第3話で儀藤の相棒となる、気弱で平和主義の心優しき交番勤務巡査・榎田悟役に、EXITのりんたろー。が決定した。

 痴漢事件の容疑者として自身が逮捕した人気俳優に無罪判決が出たことから、儀藤の再捜査の相棒に指名された榎田。渋々、事件の概要を説明しているうちに、1日だけという約束で儀藤と行動を共にするハメに。そして、関係者たちから話を聞くうちに、事件の裏で多くの人の人生が狂わされていることを知り、これまで感じたことのなかった“ある想い”が榎田の中に芽生える。

 普段のチャラ男キャラとは180度異なる榎田役について、りんたろー。は「チャラ男じゃなくて、結構大人しめの役だったので、最初は自分にできるか不安がありました。ミステリー、刑事ものなんですが、儀藤の独特なキャラクターがアクセントとなっていて、そこにりんたろー。がトスをしてますので、そこを注目してもらえたらと思います」とコメント。

 また、あわせて公開された第3話のPR映像では、儀藤に言葉巧みに誘導され、いつの間にか事件の再捜査に加わっていた榎田が「真犯人を捕まえないと…」と奔走する一方で、自称“寂しがり屋”の儀藤が、榎田の胸に顔をうずめる姿も映し出され、緊迫感の中にも儀藤の新たな一面が垣間見える内容となっている。

第参話相棒役はりんたろー。!Huluオリジナル「死神さん」<9月17日(金)から独占配信>

■配信情報
Huluオリジナル『死神さん』
Huluにて、9月17日(金)〜毎週金曜に1エピソードずつ配信(全6話)
出演:田中圭、前田敦子ほか
ゲスト:小手伸也、蓮佛美沙子、りんたろー。ほか
原作:大倉崇裕『死神さん』(幻冬舎文庫)
演出:堤幸彦(第1話・第2話・第6話)、藤原知之(第3話・第4話)、稲留武(第5話)
脚本:渡辺雄介
エグゼクティブプロデューサー:長澤一史
チーフプロデューサー:茶ノ前香
プロデューサー:大野哲哉、中沢晋
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
製作著作:HJホールディングス
(c)HJホールディングス
公式サイト:https://www.hulu.jp/static/shinigamisan/
公式Twitter:https://twitter.com/shinigami_Hulu



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる