フレデリック・ワイズマンが生まれ故郷の市役所を描く  『ボストン市庁舎』11月公開決定

 フレデリック・ワイズマン監督最新作『City Hall(原題)』が、『ボストン市庁舎』の邦題で11月12日よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開されることが決定した。

 『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』で知られるワイズマン監督の新作の舞台は、米マサチューセッツ州の“ボストン市庁舎”。多様な人・文化が共存する大都市ボストンは、ワイズマンが生まれ、現在も暮らす街でもある。カメラはひょうひょうと市庁舎の中へ入り込み、市役所の人々とともに街のあちこちへと興味のままに動き出す。そこに映し出されるのは、警察、消防、保険衛生、高齢者支援、出生、結婚、死亡記録、ホームレスの人々の支援から同性婚の承認まで数百種類ものサービスを提供する、知られざる市役所の仕事の舞台裏。市民の幸せのため奮闘するウォルシュ市長と市役所職員たちの姿から浮かび上がってくるものとは。

 ワイズマン監督にとってドキュメンタリー44作目となる本作は、2020年カイエ・デュ・シネマTOP10で1位に輝き、10月にはオンライン開催される「山形国際ドキュメンタリー映画祭2021」インターナショナル・コンペティションでの上映も決定している。

■公開情報
『ボストン市庁舎』
11月12日(金)より、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
監督・製作・編集・録音:フレデリック・ワイズマン
配給:ミモザフィルムズ、ムヴィオラ
2020年/アメリカ/英語/272分/カラー/1.78:1/モノラル/DCP/原題:City Hall/字幕:齋藤敦子
(c)2020 Puritan Films, LLC – All Rights Reserved



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる