菅田将暉らが不気味な表情浮かべる 『CUBE』キャラクター特別ビジュアル公開

『CUBE』特別ビジュアル公開

 10月22日に公開される菅田将暉主演映画『CUBE 一度入ったら、最後』のキャラクター特別ビジュアルが公開された。

 本作は、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督作『CUBE』を日本版としてリメイクしたもの。突然閉じ込められた男女6人。エンジニア、団体職員、フリーター、中学生、整備士、会社役員……彼らには何の接点もつながりもない。理由もわからないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。体力と精神力の限界、極度の緊張と恐怖と不安、そして徐々に表れていく人間の本性……終わりが見えない道のりを、それでも「生きる」ためにひたすら進んでいく。

 主人公のエンジニア・後藤裕一役で菅田が主演を務めるほか、団体職員・甲斐麻子役に杏、フリーター・越智真司役に岡田将生、後藤たちよりも前に閉じ込められた“最初の男”に柄本時生、中学生・宇野千陽役に田代輝、整備士・井手寛役に斎藤工、会社役員・安東和正役に吉田鋼太郎が扮する。

 謎の部屋CUBEからの脱出を先導していく行動的で頭脳明晰なエンジニアの後藤裕一演じる菅田による無情な表情からは、どこか達観したような後藤の不気味さが。常に冷静で慎重にCUBEの謎に向かう紅一点の団体職員・甲斐麻子演じる杏は、冷たく暗い表情をみせ、人を見透かしたような怖さが見え隠れする。

 端正な顔つきで弱々しい雰囲気をもった人懐こいフリーター・越智真司演じる岡田からは、何か憎悪に満ちた感情とどこか悲しみをも思わせる表情がうかがえる。人見知りでおとなしい中学生・宇野千陽演じる田代は、並みの中学生とは到底思えない黒く鋭いまなざしで誰かを睨みつける表情をみせる。整備士・井手寛演じる斎藤の無精髭と暗い目元からは、一度暴れ出したら手をつけられなくなってしまいそうな危険な男の本性がみえる。会社役員・安東和正演じる吉田は、人当たりの良さそうな紳士のようでいて、今にも誰かを怒鳴りつけて恫喝しそうな表情を見せている。

■公開情報
『CUBE 一度入ったら、最後』
10月22日(金)公開
原作:ヴィンチェンゾ・ナタリ『CUBE』
出演:菅田将暉、杏、岡田将生、柄本時生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎
監督:清水康彦
配給:松竹株式会社
製作:「CUBE」製作委員会
(c)2021「CUBE」製作委員会
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/cube/
公式Twitter:@cube_m0vie
公式TikTok:https://www.tiktok.com/@cube_m0vie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる