蓮佛美沙子、『死神さん』で田中圭の2代目相棒に 「はじめてに近いくらいぶっ飛んだ役」

蓮佛美沙子、『死神さん』で田中圭の相棒に

 蓮佛美沙子が、9月17日より配信される田中圭主演のHuluオリジナル『死神さん』に出演することが決定した。

 大倉崇裕の同名小説(幻冬舎文庫刊)を映像化する本作は、堤幸彦が監督を務め、主演の田中が「死神」と呼ばれるダークヒーローへと大変貌を遂げるミステリードラマ。

 田中が演じる主人公・儀藤堅忍は、警視庁内にある謎の部署でたったひとり、無罪確定となった事件を再捜査するクセモノ刑事。警察組織が掘り返されたくない事件の証言と証拠を徹底的に洗い直して、事件を180度転換させ、真犯人を検挙していく。それゆえ、彼の相棒になる者も組織から疎まれ、出世の道を閉ざされることに。こうした背景から組織内で「死神」とあだ名をつけられ、感謝も愛されもしない状況の中、誰とも群れない儀藤は相棒を常に変えながら、闇に葬られた真相をあぶり出していく。

 蓮佛が演じるのは、儀藤の2代目相棒となる八王子中央署・交通課巡査長の三好若菜。三好は、警察のパワハラ・セクハラ体質にうんざりして転職活動を続ける現代っ子。儀藤から再捜査の相棒に任命されると、「一度、刑事をやってみたかった!」と、初めての捜査に意気揚々と臨む。2人が再捜査するのは、借金癖のある夫をひき殺した容疑で逮捕された妻に、無罪判決が出された事件。逮捕当時、容疑者の世話係を務めていた三好は「妻こそが真犯人で、不倫相手が共犯者だ!」とあくまで主張する。

 三好若菜役について蓮佛は、「はじめてに近いくらいぶっ飛んだ役」と語り、「すっごく疲れたけど、すっごく楽しかったです。もっと演じていたい!という気持ちで撮影を終われたことがとても嬉しかったです」と撮影を振り返った。

 また、儀藤を演じた主演の田中は、「この作品は弐話からの撮影でしたが、儀藤を手探りで始めるというところで言うと、何度か共演させていただいている蓮佛さんが最初のゲストで良かったと思います。彼女はお芝居も心地よく、丁寧に返してくれる方なので、すごく安心して作品に馴染むことができました」とコメントを寄せている。

 あわせて第2話のPR映像が公開。PR映像では、パトロール中に現れた儀藤(田中圭)から突如、相棒に指名されるも、ノリノリで捜査に臨む三好若菜(蓮佛美沙子)の様子や、その姿にメイ(前田敦子)が「なんなんすか、この女」とイラつく姿、三好が儀藤にツッコミを入れたり、感情を爆発させ、蹴りを食らわしたりするシーンが描かれている。

■配信情報
Huluオリジナル『死神さん』
Huluにて、9月17日(金)〜毎週金曜に1エピソードずつ配信(全6話)
出演:田中圭、前田敦子ほか
ゲスト:小手伸也、蓮佛美沙子ほか
原作:大倉崇裕『死神さん』(幻冬舎文庫)
演出:堤幸彦(第1話・第2話・第6話)、藤原知之(第3話・第4話)、稲留武(第5話)
脚本:渡辺雄介
エグゼクティブプロデューサー:長澤一史
チーフプロデューサー:茶ノ前香
プロデューサー:大野哲哉、中沢晋
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
製作著作:HJホールディングス
(c)HJホールディングス
公式サイト:https://www.hulu.jp/static/shinigamisan/
公式Twitter:https://twitter.com/shinigami_Hulu



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる