田中圭の暖かい眼差し、石原さとみの妖艶な笑み 『そして、バトンは渡された』新場面写真

『そして、バトンは渡された』新場面写真

 10月29日に公開される映画『そして、バトンは渡された』の新場面写真が公開された。

 2018年2月発売され、累計発行部数は90万部を突破している瀬尾まいこの原作小説を映画化する本作。『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲が監督を務め、血も時間も関係ない家族関係を描く。

 血の繋がらない親の間をリレーされ、4回も苗字が変わった主人公の森宮優子を永野芽郁が演じる。また、優子が2人暮らしをする血の繋がらない父親・森宮さんを田中圭が演じる。そして、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女性・梨花役で石原さとみが出演。梨花は、泣き虫な娘のみぃたんに精一杯愛情を注ぎ共に暮らしていたが、ある日突然、娘を残して姿を消してしまう。石原今回が母親役はキャリア初となり、そのほか、岡田健史、大森南朋、市村正親らが脇を固める。

 公開されたのは、永野、田中、石原の3人それぞれのソロカット。永野が演じる優子は、以前から「実写化したら芽郁に演じて欲しい」と母親に言われていたというエピソードもあるキャラクター。永野にとって思い入れのある役どころだけあり、複雑な家庭環境ながらも前向きに自分の人生を歩んでいく優子を等身大の魅力で演じている。また田中が不器用ながらも優子のためにいつも一生懸命な父親・森宮さんを演じたカットも公開。実の父親同然に優子へ愛情を注ぐ森宮さんの暖かい眼差しが写し出されている。

 また、キャリア初の母親役となる石原のカットでは、男を誘惑するかのように妖艶な笑みを浮かべる梨花の姿が。まさに魔性の女そのものといった風貌、母親の影が一切見えない梨花のどこかミステリアスなキャラクターのなかで、石原がどのような母の顔を見せるのか。原作者の瀬尾は「とてもドラマチックな映画で、原作を書いたことなどすっかり忘れ、ドキドキしながら夢中で見ていました。出てくる人みんな愛情にあふれ魅力的で、見終えるのがさみしくなりました。素敵な映画にしていただき、ありがとうございました」とコメントしている。

 また、「2021 文春文庫 秋 100 ベストセレクション」のイメージキャラクターに永野が決定。イメージキャラクターの抜擢に対し、永野は「単純に本を読むということが好きなので『皆さんも本を読みましょうね』とか『好きな本はなんですか』と問いかける存在になれるのはすごく嬉しかったです。本屋さんはその1日を活気づけるところでもあるので、そこに自分の姿があると考えると、ちょっと恥ずかしい気持ちもありながらも、堂々と本屋さんに行ける気もして嬉しいです」とコメントしている。「心をつなぐ、本がつなぐ。」というコンセプトのもと、キャンペーンは9月1日より順次、書店店頭で開催される。期間中は小冊子をはじめ、店頭用パネル、ポスター、文庫のオビなどのビジュアルが展開予定だ。

 なお、本作のムビチケカードが8月13日より全国の上映劇場で発売開始される。


■ムビチケ発売情報
発売:8月13日(金)予定
発売場所:全国の上映劇場(※一部劇場を除く)
券種&価格:ムビチケカード一般 1500円(税込)

■イベント情報
「2021 文春文庫 秋 100 ベストセレクション」
キャンペーン期間:9月1日(水)より、全国の書店で順次スタート予定
特設サイト:https://www.bunshun.co.jp/bunko/fair2021
※9月1日(水)より本オープン

■公開情報
『そして、バトンは渡された』
10月29日(金)全国ロードショー
出演:永野芽郁、田中圭、石原さとみ、岡田健史、稲垣来泉、朝比奈彩、安藤裕子、戸田菜穂、木野花、 大森南朋、市村正親
原作:瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』(文春文庫刊)
監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美
インスパイアソング:SHE’S「Chained」(ユニバーサルミュージック)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
公式サイト:soshitebaton-movie.jp   
公式Twitter:@baton_movie 



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる