『ボクの殺意が恋をした』第4話に谷まりあがゲスト出演 「アットホームな現場でした」

谷まりあ、『ボク恋』第4話にゲスト出演

 毎週日曜22時30分から日本テレビ系で放送中の『ボクの殺意が恋をした』の第4話に谷まりあがゲスト出演することが発表された。

 本作は、『ルパンの娘』(フジテレビ系)や『グッド・ドクター』(フジテレビ系)などのテレビドラマをはじめ、『翔んで埼玉』や『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』などの映画脚本も手がける徳永友一らによる、殺意と恋が入り混じる“スリリング・ラブコメディ”。 最高に“間が悪い”殺し屋で、標的を殺すどころか恋してしまう男虎柊役で中川大志が主演を務め、秘密を抱える暗殺ターゲットのヒロイン鳴宮美月役を新木優子、柊の育ての親で伝説の殺し屋・男虎丈一郎役を藤木直人が演じる。そのほか、鈴木伸之、田中みな実、中尾明慶、水野美紀らが共演に名を連ねる。

 ドラマ内では、大人気漫画家・鳴宮美月(新木優子)が描いている『ハリネズミ探偵・ハリー』が実写映画化されることが決定。人気モデルであり美月を狙う“デスプリンス”の流星(鈴木伸之)が出演したいと名乗りを上げ、柊(中川大志)をやきもきさせるなど、恋と殺意の三角関係が展開されている。

 谷が演じるのは、その実写映画版『ハリネズミ探偵・ハリー』で、八乙女流星(鈴木伸之)が演じるハリーの相棒で、探偵を目指す大学生・相良琴音を演じることになる七瀬くるみ。谷は自身が演じるくるみについて、「よく自分をみせる場所をわかっているというか、大事なポイントはちゃんとゴマをすれるタイプというか(笑)。正直な子だなって思いました」とコメントしている。

 なお、ハリーの声は内田真礼が担当する。

谷まりあ コメント

ドラマの撮影に入っての感想

すごい楽しかったので、もっと皆さんと一緒に撮影したかったです。
とっても雰囲気が良くて、アットホームな現場でした。

新木優子をはじめ、仲のいい共演者との撮影について

優子ちゃんはもちろんですし、みな実ちゃんも何度も共演させてもらったりしています。他のみなさんもフレンドリーな方が多かったのですごく楽しかったです。

台本を読んだ上でのドラマの印象

最初は、“殺し屋”って聞いていたのでどんなドラマなんだろうと思ってたんですけど、
本当に大志さんのかわいいラブコメというか、日曜日に優しい気持ちになるというか、楽しく見れるドラマだなと思いました。

七瀬くるみという役柄に対してのイメージ

よく自分をみせる場所をわかっているというか、大事なポイントはちゃんとゴマをすれるタイプというか(笑)。正直な子だなって思いました。

ドラマの映画内でふたりでのシーンがある、八乙女流星役の鈴木伸之の印象

流星くんのですか? やっぱり世界をまたにかけるスーパースターですから、やっぱり違いましたよね(笑)発する言葉もそうですし、オーラも含め、やっぱりスーパースターだなと思いました。

視聴者へのメッセージ

殺さなきゃいけないのに、柊がなかなか美月を殺せない。だんだんと、それぞれのキャラクターが持つ秘密が明らかになっていく、という最後までドキドキはらはらで、きゅんきゅんする場所もあるっていう、楽しいドラマだなって思ってます!
皆さんにも見てほしいです!

■放送情報
『ボクの殺意が恋をした』
日本テレビ系にて、毎週日曜22:30~23:25放送
出演:中川大志、新木優子、鈴木伸之、田中みな実、中尾明慶、永田崇人、小西はる、水野美紀、藤木直人
脚本:徳永友一ほか
監督:星野和成、宝来忠昭
チーフプロデューサー:岡本浩一
プロデューサー:中間利彦、小島祥子、石田麻衣(ホリプロ)
共同プロデューサー:三上絵里子(日本テレビ)
制作協力:ホリプロ
制作著作:読売テレビ
(c)読売テレビ
公式サイト: https://www.ytv.co.jp/bokukoi/
公式Twitter:https://twitter.com/bokukoi_drama
公式Instagram:https://www.instagram.com/bokukoi_drama
公式LINE:https://lin.ee/kniUOAg
番組公式TikTok:https://vt.tiktok.com/ZSJqk4KTo/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる