『鎌倉殿の13人』牧宗親役に山崎一 「ワクワクしながら待っているところです!」

『鎌倉殿の13人』牧宗親役に山崎一

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、牧宗親役を山崎一が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 牧宗親は、牧の方(宮沢りえ)の兄で都文化に通じた人物。山崎は演じるにあたって、「文献では駿河あたりの武士となっていたので武士をイメージしていたのですが、送られてきた台本には公家となっていて(笑)、いま頭を武士から公家にシフトしているところです。どんな切り口で攻めてくるかわからない三谷ワールドの台本を今からワクワクしながら待っているところです!」と従来のイメージとは異なる牧宗親を演じる喜びを語った。

山崎一 コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

牧宗親という人物は、文献では駿河あたりの武士となっていたので武士をイメージしていたのですが、送られてきた台本には公家となっていて(笑)、いま頭を武士から公家にシフトしているところです。どんな切り口で攻めてくるかわからない三谷ワールドの台本を今からワクワクしながら待っているところです!

大河ドラマ出演について

初めて大河ドラマに出演したのは『炎立つ』でしたが、時代劇に出るのも初めてで浴衣だの衣装合わせの支度を何も用意しておらず、たまたま着て行ったロングコートの下は下着といった具合でカツラ合わせ衣装合わせをしました。その時は僧侶の役だったので坊主頭にロングコート、中は下着というちょっと危ない恰好でNHKの廊下をウロウロしていました。

三谷幸喜作品への出演について

映像では『古畑任三郎』や『新選組!』などがあります。舞台は去年暮れ「23階の笑い」(作ニール・ サイモン)で初めてご一緒させていただきました。若き日のニール・サイモン自身を投影したようなこの作品はニール・サイモンを敬愛する三谷さんをも投影しているようで、とても印象深い作品になりまし た。

共演者について

牧の方役の宮沢りえさんや北条政子役の小池栄子さんは何度も舞台でご一緒させていただいているのですが、実は映像の現場では初めてなのです。どんな撮影現場になるのやら、、、いまから楽しみです。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる