『パラサイト』や『新感染』シリーズの制作陣が参加 『SEOBOK/ソボク』メイキング写真

『SEOBOK/ソボク』メイキング写真公開

 7月16日公開の映画『SEOBOK/ソボク』より、メイキング写真が公開された。

 本作は、“死ぬことのない”クローンと“死から逃れられない”男、対極の定めを生きる2人が、互いのために宿命に抗う壮絶な戦いを描くSFエンターテインメント。

 余命宣告を受けた元情報局員・ギホン。死を目前にし明日の生を渇望する彼に、国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン・ソボクを護衛する任務が与えられる。だが、任務早々に襲撃を受け、なんとか逃げ抜くもギホンとソボクは2人だけになってしまう。危機的な状況の中、2人は衝突を繰り返すも、徐々に心を通わせていく。しかし、人類の救いにも、災いにもなり得るソボクを手に入れようと、闇の組織の追跡はさらに激しくなっていく。

 死を目の前にした元情報局員・ギホンを、『新感染 ファイナル・エクスプレス』『82年生まれ、キム・ジヨン』のコン・ユが演じ、人類初のクローン・ソボク役をパク・ボゴムが務める。『建築学概論』のイ・ヨンジュがメガホンを取った。

 公開されたメイキング写真では、コン・ユ、パク・ボゴムの現場での真剣な表情や、セットの様子が切り取られている。

 撮影監督を務めたのは、『アシュラ』『悪魔を見た』『グッド・バッド・ウィアード』などのイ・モゲ。「仮想の設定だが、観客が現実感を持って主人公の情緒に共感しながら見てくれたら嬉しい」と語り、ギホンとソボクの心のふれあいを込めた叙情的なドラマから、映画的な快感を伝えるアクションシークエンスに至るまで様々な撮影技法を駆使して、観客を作品に没頭させるために心血を注いだ。序盤のギホンのシーンのほとんどをハンドヘルドカメラで撮影し、リアリティを最大限に引き出した。

 美術監督は、『パラサイト 半地下の家族』でアカデミー賞美術賞ノミネートを果たしたイ・ハジュンが担当。各空間ごとに独特のコンセプトを設定した。巨大な船舶内のソボクの“家”は、彼が生まれてから今まで人生を送ってきた場所であり、あらゆる実験がなされてきた実験空間。自然のイメージで満たされた空間は、ストーリーが進むにつれ、冷たい実験室=破壊の空間に変わっていく。また、2階のモニター室から全体を見下ろせる構造は、ソボクの一挙手一投足を監視する“視覚的暴力”が存在する。ソボクを取り囲むすべてが徹底した統制のもと昼夜問わずシステムで管理されるよう設定された。

 そのほか、音楽監督には『タクシー運転手〜約束は海を越えて〜』のチョ・ヨンウク、衣装監督を『お嬢さん』のチョ・サンギョン、武術監督を『新感染半島 ファイナル・ステージ』のホ・ミョンヘン、編集監督を『弁護人』のキム・サンボム、VFXスーパーバイザーを『新感染 ファイナル・エクスプレス』のキム・ハンジュンが務めた。

 ギホンを演じたコン・ユは、「シナリオを読んだ時は漠然と想像した空間だったのに、撮影現場に入った瞬間、自分自身が本当にギホンになったように感じた。スタッフの無限の想像力と情熱、努力で誕生した空間のおかげでキャラクターにより一層入り込めた」と感謝を述べた。

 また、イ・ヨンジュ監督は、トップクラスのスタッフを集めるのにキャスティングと同じくらい努力したと語り、「今となっては全員友達になり、時間があれば集まったり月に1回は会ってお酒を飲んでいます。韓国映画界で売れっ子のスタッフに参加していただけて恐縮しています。一方では、私もある程度認められたのだと思っています(笑)。とても幸せでした」と撮影を振り返った。

0624_seobok_sub03
0624_seobok_sub02
0624_seobok_sub01
previous arrow
next arrow
0624_seobok_sub03
0624_seobok_sub02
0624_seobok_sub01
previous arrow
next arrow

■公開情報
『SEOBOK/ソボク』
7月16日(金)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー
出演:コン・ユ、パク・ボゴム
監督:イ・ヨンジュ
配給:クロックワークス
2021年/韓国/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/114分
(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:seobok.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる