西野七瀬、『ハコヅメ』クランクイン 共演者とは「これからもっと仲良くなっていけたら」

『ハコヅメ』西野七瀬がクランクイン

 7月7日より日本テレビ系で放送がスタートする戸田恵梨香と永野芽郁のW主演水曜ドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』に出演する西野七瀬がクランクインを迎えた。

 本作は、講談社『モーニング』で連載中、シリーズ累計発行部数200万部を突破した、元警察官の著者・泰三子による漫画『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』をドラマ化する“やけにリアルな交番エンターテインメント”。戸田は元エース刑事・藤聖子を、永野は新米女性警察官・川合麻依をそれぞれ演じ、『監察医 朝顔』(フジテレビ系)の根本ノンジが脚本を担当する。

 「もう辞めてやる……」。地域の人たちのために働いているはずが全く感謝もされず、ただただハードな交番勤務に身も心もボロボロ。こうして辞表を握りしめたひよっこ警察官・川合麻依(永野芽郁)の前に、パワハラで交番に異動させられたという元エース刑事の藤聖子(戸田恵梨香)が現れる。突然ペアを組むことになった2人が、助け合い、支え合い、事件に、雑務に、恋に奮闘。そして明かされる、藤が交番に来た本当の理由とは。

 西野が演じるのは、捜査一係の紅一点刑事・牧高美和。西野の最初の撮影は、町山警察署の屋上で、警察官たちが身に着けている装備品の状態や動作の確認をする通常点検のシーンとなった。緊張感の中、一糸乱れぬ動きで警察手帳や手錠などの装備品を出すという、本作ならではの場面でもある。

 炎天下の屋外での数時間に及ぶ初日の撮影を終え、クランクインの感想を聞かれた西野は、「長時間の撮影で、キャストの皆さんが沢山いる中でのスタートだったので、現場の空気に慣れる時間を過ごせたかなと思います。衣装でつけていた装備品の重さを感じながら、クランクインしたんだなとしみじみ感じていました」とコメント。共演者については、「まんべんなく皆さんとお話できたので、これからもっと仲良くなっていけたら嬉しいです」と語った。

 スタッフから、今年の夏の抱負を聞かれると、「充実した夏にできたら嬉しいです!」と宣言し、スタッフからのリクエストに応じてポーズも披露した。

■放送情報
『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』
日本テレビ系にて、7月7日(水)スタート 毎週水曜22:00〜23:00放送
出演:戸田恵梨香、永野芽郁、ムロツヨシ、三浦翔平、山田裕貴、西野七瀬、平山祐介、千原せいじ
原作:泰三子『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』(講談社『モーニング』連載中)
脚本:根本ノンジ
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:藤森真実、田上リサ(AX-ON)
協力プロデューサー:大平太
演出:菅原伸太郎、南雲聖一、伊藤彰記
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/hakozume/
公式Twitter:@hakozume_ntv
公式Instagram:@hakozume_ntv

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる