2カ月で「アメイジング・グレイス」習得 『悪魔とラブソング』飯島寛騎のメイキング映像

2カ月で「アメイジング・グレイス」習得 『悪魔とラブソング』飯島寛騎のメイキング映像

 6月19日よりHuluにて独占配信されるHuluオリジナルドラマ『悪魔とラブソング』より、目黒役の飯島寛騎に焦点を当てたメイキング映像が公開された。

 集英社の少女マンガ誌『マーガレット』とHuluがコラボレーションするドラマシリーズ『マーガレット Love Stories』の第2弾となる本作。『マーガレット』にて2007年から2011年に掲載された同名少女コミックを原作とし、美しい歌声と美貌を持ちながらも、言葉を飾らず常に本音を話してしまうがゆえに、周囲から孤立し、「悪魔」と呼ばれている主人公・マリアが、転校を機に理解者を見つけ、自分を偽り他人に合わせて生きてきた同級生たちを変え、絆を作っていく模様を描く。浅川梨奈と飯島がW主演を務め、奥野壮、小野花梨、山之内すず、吉田志織らが脇を固める。

 浅川が演じる可愛マリアは、誰にもこびず、凛とした強さがある一方、深く人と関わりたいと願う主人公。そんなマリアと出会い、過去のトラウマと向き合い始める目黒伸役を飯島が務める。ピアノにコンプレックスを抱える目黒が、葛藤しながらもマリアによって変わっていく。

『悪魔とラブソング』メイキング映像

 一見クールで他人に興味がないのに、困っている人を見ると放っておけない性格の目黒は、実は著名な指揮者を父に持つ音楽一家出身だが、幼い頃のトラウマからピアノにコンプレックスを抱えている、という役柄だ。

 音楽室で初めて彼の演奏を聴いたマリアは「お前のピアノで歌いたい」と真っ直ぐな視線を向け、目黒の心に一歩踏み込んでいく。このことをきっかけに、目黒が隠していた傷が徐々に明らかになっていき、マリアや友人らに対する関わり方も変化していく重要なシーンだ。歌で想いを表現するマリアと同じように、無口で感情をあまり表に出さない目黒にとっても、ピアノは自身を表現するアイテムになっている。

 全くのピアノ初心者だった飯島は、マリア役の浅川梨奈と同じく、撮影の2カ月前からレッスンを開始。ピアノ未経験からたった2カ月で「アメイジング・グレイス」を弾けるようになり、浅川やキャスト陣を驚かせた。「なんとかできるようになった」と語る飯島は、公開された映像で、撮影現場でもピアノの練習を欠かさず、難しいパートに何度もチャレンジする姿が垣間見えた。演奏をしていると、浅川をはじめとするキャストが集まってくるほほえましい姿も。初めてピアノに挑戦したことについて「楽しかった」と笑顔を見せている。

■配信情報
Huluオリジナル『悪魔とラブソング』(全8話)
Huluにて、6月19日(土)から一挙独占配信開始
出演:浅川梨奈、飯島寛騎、奥野壮、小野花梨、山之内すず、吉田志織
原作:桃森ミヨシ『悪魔とラブソング』(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:吉田恵里香、おかざきさとこ、蛭田直美
監督:横尾初喜
主題歌:FAKY「Take my hand」(rhythm zone)
音楽:上田壮一
エグゼクティブプロデューサー:長澤一史
チーフプロデューサー:茶ノ前香
プロデューサー:大野哲哉、岡宅真由美
制作協力:アバンズゲート
製作著作:HJホールディングス
(c)HJホールディングス
公式サイト:https://www.hulu.jp/static/akulove/
公式Twitter:@akuloveHulu
公式Instgram:lovestories_hulu
公式TikTok:lovestories_hulu

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる