J・マッケイとN・ホルトがネッド・ケリーを語る インタビュー映像&共演シーン公開

 6月18日公開の映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』から、ジョージ・マッケイとニコラス・ホルトによるインタビュー映像と2人の共演シーンが公開された。

 腐敗した権力に屈することを拒否し、兄弟や仲間たちと“ケリー・ギャング”を結成、国中にその名を轟かす反逆者となったネッド・ケリー。本作は、これまで英雄としてのみ語られていたケリーを、悲惨な境遇から抜け出そうと、苦悩し、怒り、闘う、ひとりの若者として描き出したピーター・ケアリーのブッカー賞受賞同名原作を映画化したもの。『アサシン クリード』のジャスティン・カーゼルが監督を務めた。

 かつて、『太陽の果てに青春を』でミック・ジャガーが、『ケリー・ザ・ギャング』で故ヒース・レジャーが演じたネッド・ケリーを、本作ではジョージ・マッケイが継承する。母親が幼いネッドを売り渡すブッシュレンジャー(盗賊)のハリー・パワーをラッセル・クロウ、ネッドに屈折した想いを寄せ執拗に追い詰める警官のフィッツパトリックをニコラス・ホルト、ネッドの家族に横暴を尽くすオニール巡査部長をチャーリー・ハナムが演じる。

『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』ジョージ・マッケイ&ニコラス・ホルトのインタビュー動画

 公開されたインタビュー映像は、映画撮影の合間に現場で収録されたもの。マッケイは鳥の鳴き声がバックに聞こえる中で、自身のルーツとネッド・ケリーという人物について語り、ケリーと束の間の友情を築く警官フィッツパトリックとの関係について「理解できないからこそネッドはフィッツパトリックに魅了される」と分析。一方、フィッツパトリック役のホルトは「状況が違っていれば二人は生涯の友人になれていた」と語る。また「以前からジョージのファンで演技を見るのは最高だった」と笑顔を見せ、マッケイをべた褒め。本編からは、ケリーと一糸まとわぬフィッツパトリックが娼館で語り合うシーンが公開された。「俺が嫌いか?」と聞くフィッツパトリックに、「俺や家族から何も奪わない人は初めてだ」と答えるケリーの姿が切り取られている。

20210602_THOTKG_sub01
20210602_THOTKG_sub02
20210602_THOTKG_sub03
20210602_THOTKG_sub04
20210602_THOTKG_sub05
20210602_THOTKG_sub06
20210602_THOTKG_sub07
20210602_THOTKG_sub08
20210602_THOTKG_sub09
20210602_THOTKG_sub10
20210602_THOTKG_sub11
20210602_THOTKG_sub12
20210602_THOTKG_sub13
20210602_THOTKG_main
previous arrow
next arrow
20210602_THOTKG_sub01
20210602_THOTKG_sub02
20210602_THOTKG_sub03
20210602_THOTKG_sub04
20210602_THOTKG_sub05
20210602_THOTKG_sub06
20210602_THOTKG_sub07
20210602_THOTKG_sub08
20210602_THOTKG_sub09
20210602_THOTKG_sub10
20210602_THOTKG_sub11
20210602_THOTKG_sub12
20210602_THOTKG_sub13
20210602_THOTKG_main
previous arrow
next arrow

■公開情報
『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』
6月18日(金)より、渋谷ホワイトシネクイント、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
監督・製作:ジャスティン・カーゼル
脚本:ショーン・グラント
原作:ピーター・ケアリー
製作:リズ・ワッツ、ハル・ヴォーゲル
撮影:アリ・ウェグナー
音楽:ジェド・カーゼル
出演:ジョージ・マッケイ、ニコラス・ホルト、ラッセル・クロウ、チャーリー・ハナム、エシー・デイヴィス、ショーン・キーナン、アール・ケイヴ、トーマシン・マッケンジー
配給:アット エンタテインメント
後援:オーストラリア大使館
2019年/オーストラリア=イギリス=フランス/英語/125分/ビスタサイズ/原題:True History of the Kelly Gang/PG-12
(c)PUNK SPIRIT HOLDINGS PTY LTD, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, ASIA FILM INVESTMENT GROUP LTD AND SCREEN AUSTRALIA 2019
公式サイト:kellygangjp.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる