鈴鹿央士、今泉力哉監督作『かそけきサンカヨウ』出演へ 『ドラゴン桜』志田彩良と再共演

鈴鹿央士、今泉力哉監督作『かそけきサンカヨウ』出演へ 『ドラゴン桜』志田彩良と再共演

 10月15日公開の志田彩良主演映画『かそけきサンカヨウ』の追加キャストとして、鈴鹿央士、石田ひかり、菊池亜希子、西田尚美、梅沢昌代、中井友望、鎌田らい樹、遠藤雄斗、石川恋、海沼未羽の出演が発表された。

 芸能事務所・テンカラットの設立25周年企画第2弾として製作された本作は、窪美澄の短編集『水やりはいつも深夜だけど』(角川文庫刊)所収の『かそけきサンカヨウ』を映画化するもの。家庭環境のせいで早く大人にならざるを得なかった高校生・陽の葛藤と成⻑を描く。

 窪の短編集から自ら映画化を希望した今泉力哉が監督を務め、現在『ドラゴン桜』(TBS系)、『ゆるキャン△2』(テレビ東京ほか)に出演中の志田が主人公・国木田陽を演じる。『ひかりのたび』以来の主演映画となる志田は、今泉監督作品には、『パンとバスと2度目のハツコイ』『mellow』に続く出演となる。また、陽をやさしく見守る父親役を井浦新が務める。

 『ドラゴン桜』でも志田と共演している鈴鹿が演じるのは、陽の淡い恋の相手となる同級生で、陽と同じく家族に悩む清原陸。そして陽の産みの親役を石田、父の再婚相手で陽の新しい母親役を菊池、陸の母役を西田、祖母を梅沢が演じる。また、陽の友人役を、中井、鎌田、遠藤らが名を連ね、劇中劇に石川と海沼が出演する。

■公開情報
『かそけきサンカヨウ』
10月15日(金)より全国公開
監督:今泉力哉
脚本:澤井香織、今泉力哉
出演:志田彩良、鈴鹿央士、中井友望、鎌田らい樹、遠藤雄斗、石川恋、鈴木咲、古屋隆太、芹澤興人、海沼未羽、鷺坂陽菜、和宥、辻凪子、佐藤凛月、菊池亜希子、梅沢昌代、西田尚美、石田ひかり、井浦新
原作:窪美澄『水やりはいつも深夜だけど』(角川文庫刊)所収『かそけきサンカヨウ』
配給:イオンエンターテイメント
(c)2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる