『ドラゴンボール超』劇場版最新作が2022年公開へ 鳥山明「渾身の一作となっています」

『ドラゴンボール超』劇場版最新作が2022年公開へ 鳥山明「渾身の一作となっています」

 『ドラゴンボール超』の劇場版最新作が2022年に公開されることが決定した。

 1984年から『週刊少年ジャンプ』で約10年半にわたって連載された鳥山明の人気漫画『DRAGON BALL』。コミックスは全世界累計発行部数2億6000万部の記録を叩き出し、連載終了後もなお、テレビアニメ、映画、ゲームなど様々なメディアミックスが展開されている。2013年には17年ぶりの劇場版シリーズが復活、2015年に原作者の鳥山原案による新シリーズ『ドラゴンボール超』がスタート。2018年には、記念すべき劇場版20作品目にして『超』シリーズ初となる『ドラゴンボール超 ブロリー』が公開、全世界興行収入135億円超えとなる『ドラゴンボール』史上最大のヒットを記録した。そして、連載から37年が経った今、『ドラゴンボール』が新たに挑む大型企画となる劇場版最新作が動き出す。

 『ドラゴンボール超 ブロリー』公開前から本格始動した本企画は、前作の熱気に満ちた興奮を再びファンに届けるため、鳥山が自ら筆を執り、ファン垂涎のエピソードを紡ぎ出す。その壮大なストーリー構成からキャラクターデザイン、セリフの細部に至るまで、徹底的にディテールにこだわった渾身の一作になるという。さらに、その原作・脚本・キャラクターデザインを手がけている鳥山からコメントも到着。その内容から「『ブロリー』に続く劇場版」「意外なキャラが大活躍」「ビジュアルも新鮮」と新たな展開を予感させる。

鳥山明 コメント

■公開情報
劇場版『ドラゴンボール超(仮)』
2022年公開
原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
配給:東映
(c)バード・スタジオ/集英社 (c)「2022ドラゴンボール超」製作委員会
DRAGON BALL公式サイト:dragon-ball-official.com
DRAGON BALL公式Twitter:@DB_official_jp
映画公式Twitter:@DB_super2015

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる