高島礼子、高橋ひかる主演ドラマ『春の呪い』で“教育ママ”役に メインビジュアルも公開

高島礼子、高橋ひかる主演ドラマ『春の呪い』で“教育ママ”役に メインビジュアルも公開

 5月22日より放送がスタートする高橋ひかる主演ドラマ『春の呪い』に、高島礼子がレギュラー出演することが決定した。

 『このマンガがすごい!2017』の「オンナ編」で第2位にランクインした小西明日翔の人気漫画を実写ドラマ化する本作は、“最愛の妹を亡くした主人公が、妹の婚約者だった男から交際を申し込まれる”という衝撃的な展開から始まるラブストーリー。主演の高橋が最愛の妹を亡くした主人公・夏美を演じるほか、夏美の妹・春の婚約者・柊冬吾役で工藤阿須加、病気で他界してしまう夏美の妹・立花春役で桜田ひよりが出演する。

 このたび出演が発表された高島が演じるのは、工藤演じる柊冬吾の母親・柊聖美役。財閥系の名家である柊家として、冬吾を幼少期から干渉し育ててきた教育ママという役どころだ。

 また、ドラマのメインビジュアルも公開。帰らぬ人となった愛しの妹の遺骨を抱えながら切ない表情を見せる夏美と、思いつめた表情の冬吾とともに、2人の後ろに薄っすら姿を見せる春も描かれている。

高島礼子(柊聖美役)コメント

『春の呪い』ドラマ化でのオファーを受けた時の感想

いろんな愛の形があると思いますが、呪いたいほど人を愛するというこのドラマの愛の形が不思議で、なぜか興味がそそられました。

柊聖美という役を演じるにあたっての思い、意気込み

一見きつい意地悪な母親だと思いますが、家族への愛し方が極端で、ある意味不器用な女性だと思います。この役をいただいたうえで、ただ意地悪役というだけでなく、家族への過剰な愛を表現できるよう大事に演じたいと思います。

視聴者へメッセージ

奪われたら呪いたいほど人を愛したことはありますか?

テレビ東京ドラマ室 稲田秀樹プロデューサー コメント

『春の呪い』の登場人物たちの中でも異彩を放つのが、冬吾の母・聖美です。この切ない物語の端緒を作り出すキャラクターであり、主人公の夏美や冬吾にとっての大きな障壁にもなります。
そんな聖美を高島礼子さんに演じて頂けたことで、ドラマにぐっと深みが増しました。
個人的にも久しぶりのお仕事で、こうして再会できたことが嬉しくてなりません。
ぜひその圧倒的な存在感とお芝居をご堪能頂けたらと思います!

※高橋ひかるの「高」はハシゴダカが正式表記。

■放送情報
サタドラ『春の呪い』
テレビ東京系にて、5月22日(土)スタート 毎週土曜23:25〜放送
動画配信サービス「Paravi」にて、5月15日(土)21:00から独占先行配信スタート
出演:高橋ひかる、工藤阿須加、桜田ひより、高島礼子ほか
原作:『春の呪い』小西明日翔(ZERO-SUMコミックス/一迅社刊)
監督・脚本:落合正幸
チーフプロデューサー:稲田秀樹(テレビ東京)
プロデューサー:矢ノ口真実(The icon)、渋谷未来(The icon)
制作協力:The icon
製作:テレビ東京
(c)テレビ東京
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/harunonoroi/
公式Twitter:@tx_harunonoroi

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる