松坂桃李×仲野太賀のヲタク演技も注目 『あの頃。』で感じる“他愛ない会話”の大切さ

松坂桃李×仲野太賀のヲタク演技も注目 『あの頃。』で感じる“他愛ない会話”の大切さ

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、AKB48の推しメンがこじはるだった島田が『あの頃。』をプッシュします。

『あの頃。』

  今泉力哉監督作『あの頃。』が公開です。男女の恋愛の機微を描き続け、『愛がなんだ』がもはやブームとも言えるヒットを記録して以降も、『アイネクライネナハトムジーク』『mellow』『his』と監督作が止まるところを知らない今泉監督。そんな今泉監督作品でこれまで大きな要素を占めていた“恋愛”が深くは描かれない、という点において、これまでのフィルモグラフィーからしても本作は異色とも言えるかもしれません。キャストも松坂桃李さん、仲野太賀さん……と幅広い活躍を見せる俳優陣が揃っており、これまで以上に作品のリーチ力も高そうです。

 2枚目な役柄が近年は多いお二人ですが、見事なアイドルヲタクぶりを見せてくれています。仲野さんなど、『この恋あたためますか』(TBS系)で視聴者をキュンキュンさせていた“マコっちゃん”の面影すらもありません。

 先ほど、今泉監督のフィルモグラフィーで“異色”と書きましたが、大きな方向転換に映るかと言われると、これが存外そうでもなく、これまでの過去作と並べてみても非常にしっくりきます。脚本を手がけたのは冨永昌敬さんですが、どこか素っ頓狂なやりとりをひたすらに撮ったり、作品のカラーがガラッと変わる瞬間があったりと今泉監督らしいエッセンスは随所に感じることができます。

 本作は、松坂さん演じる、金なし、彼女なしの自堕落な生活を送っていた主人公・劔が、松浦亜弥、そしてハロプロを通して新たな仲間との青春を謳歌する……というのが簡単なあらすじ。松浦亜弥のMVを偶然目にした直後のキラメキがとことん眩しく、CDを買いに自転車で疾走するオープニングだけでも非常に見応えあるものになっています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「週末映画館でこれ観よう!」の最新記事

もっとみる