佐々木蔵之介がナレーションを担当 『生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事』予告編公開

佐々木蔵之介がナレーションを担当 『生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事』予告編公開

 3月6日より桜坂劇場にて先行公開、3月20日よりユーロスペースにて公開されるドキュメンタリー映画『生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事』の予告編が公開された。

 本作は、『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』『米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』の佐古忠彦監督が、知られざる沖縄戦中史に挑んだ新たなる野心作。戦中最後の沖縄県知事となった島田叡の姿を映し出していく。

 1945年1月31日、戦中最後の沖縄県知事となった島田叡。知事着任と同時に島田はさまざまな施策を断行。米軍が沖縄本島に上陸した後は、壕(自然洞窟)を移動しながら行政を続けた。だが、戦況の悪化に伴い、大勢の県民が戦闘に巻き込まれ、日々命を落としていく。また、島田自身も理不尽極まりない軍部からの要求と、行政官としての住民第一主義という信念の板挟みになり、苦渋の選択を迫られるのだった。戦時下の教育により、捕虜になるよりも玉砕こそが美徳とされた時代、「生きろ」と言い続けた島田の考え方はどのように育まれていったのか。

『生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事』予告編

 公開された予告編は、沖縄戦の記録映像に始まり、「オレは死にとうないから、誰かが行って死んでくれとはよう言わん」という佐々木蔵之介のナレーションによる島田叡の決意が語られた後、戦時中、島田と行動を共にした住民たちがその人物像を伝える内容となっている。予告編の途中からは小椋佳の主題歌「生きろ」が流れ、タイトル通りの前向きなメッセージによって締めくくられている。

小椋佳(主題歌担当)コメント

ラストアルバム用の作品創りの真っ最中であった私に、本作の主題歌制作の依頼を受けた。今年喜寿を迎え、老いを痛感する日々で、ラストアルバム用に書いたほとんどが「死」を意識した内容もしくは人生を振り返るものとなっている。その中で、本作用に書いた「生きろ」は、戦火の中、死の淵に立たされていた人々を「生きる」という道に誘った島田叡の凄味に感化され、生きることを強く奨める楽曲になった。島田叡によって生きながらえた人々の証言を聞き、私ももう少し余生のおまけとして生きてる命を享受してみようと思うに至った。

■公開情報
『生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事』
3月6日(土)より、沖縄・桜坂劇場 先行公開 
3月20日(土・祝)より、東京・ユーロスペースほか全国順次公開
監督:佐古忠彦
プロデューサー:藤井和史、刀根鉄太
撮影:福田安美
音声:町田英史
編集:後藤亮太
選曲・サウンドデザイン:御園雅也 
音響効果:田久保貴昭
音楽:兼松衆、中村巴奈重
語り:山根基世、津嘉山正種、佐々木蔵之介 
主題歌:「生きろ」小椋佳(アルバム『もういいかい』収録曲)
配給:アーク・フィルムズ
製作:映画「生きろ 島田叡」製作委員会
(c)2021 映画『生きろ 島田叡』製作委員会
公式サイト:ikiro.arc-films.co.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる