マーゴット・ロビーが美しき指名手配犯に 『ドリームランド』4月9日公開決定

マーゴット・ロビーが美しき指名手配犯に 『ドリームランド』4月9日公開決定

 マーゴット・ロビーが主演とプロデュースを務めた映画『ドリームランド』が4月9日より全国公開されることが決定し、あわせて場面写真が公開された。

 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』などで2度のアカデミー賞ノミネート歴を誇り、『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役でも知られるロビーがオリジナル脚本に惚れ込み、自身の製作会社で映画化を実現させた本作は、砂嵐吹き荒れる地を舞台に、ロビー扮する銀行強盗犯と、そんな彼女に恋情を抱く少年によるラブストーリー。

 1930年代半ば、荒涼としたテキサスに暮らす17歳のユージン(フィン・コール)は、ある夜、納屋で大ケガを負った女性と出くわす。彼女こそが地元の銀行を襲撃し、警察から追われている強盗犯アリソン(マーゴット・ロビー)だった。危険な人物だと知りながらもアリソンに惹かれるユージンは、彼女を匿うことにする。捜査の包囲網をかわし、自由をつかみ取ろうとするアリソンと、希望に満ちた新天地への憧憬を膨らませるユージン。過酷な現実から逃れるという夢を共有したふたりは、果たして“ドリームランド”へたどり着けるのだろうか……。

 ロビーが銀行強盗犯のアリソンを演じ、17歳のユージン役にはNetflix『ピーキー・ブラインダーズ』や『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』にも出演しているフィン・コールが抜擢。そのほか、『ウォークラフト』『荒野にて』のトラヴィス・フィメル、『トロン:レガシー』『マッドバウンド 哀しき友情』のギャレット・ヘドランドらが出演する。

 あわせて公開された場面写真では、地元の銀行を襲撃後に逃走するアリソンの緊張感溢れるシーンをはじめ、渇望に戸惑いの表情を浮かべるアリソン、寄り添うアリソンとユージン、ここではないどこかにあるはずのドリームランドを心に描くユージンの姿などが切り取られている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『ドリームランド』
4月9日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開
監督:マイルズ・ジョリス=ペイラフィット
出演:フィン・コール、マーゴット・ロビー、トラヴィス・フィメル、ギャレット・ヘドランド
配給:ハピネット
配給協力:ギグリーボックス
2019年/アメリカ/英語/101分/カラー/シネスコ/5.1ch/日本語字幕:安藤里絵/PG-12
(c)2018 DREAMLAND NM,LLC
公式サイト:dreamland-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる