牧瀬里穂、『閻魔堂沙羅の推理奇譚』中条あやみとの共演を語る 「クールな沙羅がぴったり」

牧瀬里穂、『閻魔堂沙羅の推理奇譚』中条あやみとの共演を語る 「クールな沙羅がぴったり」

 毎週土曜23時30分よりNHK総合にて放送中の中条あやみ主演ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』(NHK総合)。第7話ゲストの牧瀬里穂よりコメントが寄せられた。

 本作は、ミステリー作家・木元哉多の人気シリーズを実写化したミステリードラマ。閻魔堂の主・沙羅が、生き返りを願う亡者に、誰に、なぜ、どのように殺されたかを推理させるゲームを仕掛けていく。主人公・沙羅を中条が演じる。

 12月12日、19日に放送される第7、8話ゲストの牧瀬は、 デザイナー新山律子を演じる。殺人犯の母を持ち、極貧の生活を送っていたが、己の努力と才覚で大学を卒業。現在は店舗デザイナーとして成功している。数年前に離婚していて、一人娘で中学生の美久(長澤樹)との関係に悩んでいる。本人は覚えていないが、沙羅とは、浅からぬ因縁があるようで…。

 牧瀬は本作の出演について、「台本をいただいて、とてもおもしろい設定であり、また考えさせられるストーリーだと思いました。そして役柄としてはこれまでに演じた事の無い役柄で、せりふもキツイ表現があったりと、果たして演じきれるのかと悩みましたが、やってみたいという気持ちの方が勝ちました(笑)」と演じる上でのハードルがあったことを明かす。

 主演を務める中条との初共演については、「撮影時はまだ残暑厳しい時期でしたので体調を整えるのに苦労しましたが、ソーシャルディスタンスを保ちながら、スタッフの方々に助けていただきながら撮影をしたのもいい経験となりました。中条さんとは、今回初めてご一緒したのですが、イメージ通りのお人形さんのようなかわいらしい方でした。だからこそクールな沙羅がぴったりだなと思いました」と中条を絶賛。

 演じた新山律子については、「一生懸命やっているけれど、どこか不安で心が満たされない女性だという印象でした。そういう人間が、今までの自分の殻を少しずつ破りながら真実を突き止めようとする姿、そして真実がわかったときの心の変化に注目して頂きたいと思います」と注目ポイントを語った。

 最後に視聴者に向けて、「一生懸命やっていてもうまくいかない、自分の想像通りの人生を歩めない。というのは、みんなそれぞれあるかと思います。私自身もそうです。そこに焦点を当ててずっと生きていくのか、それともまわりの優しさや自分の勇気を大切にして生きていくのかで、大きな違いがあると思います。皆様の心に少しでも何か引っかかったり感じてくださったらうれしく思います」とメッセージを送った。

■放送情報
よるドラ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』
NHK総合にて、毎週土曜23:30〜23:59【全8回】
出演:中条あやみ、小関裕太、賀喜遥香、黒島結菜、Rー指定、村上淳、牧瀬里穂
原作:木元哉多『閻魔堂沙羅の推理奇譚』シリーズ
脚本:古家和尚
制作統括:出水有三
音楽:岩崎琢
演出:渡辺良雄、葛西勇也、石川慎一郎、鈴木航
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる