田中裕子と蒼井優が二人一役で“協演” 『おらおらでひとりいぐも』が問う“人生とは何か?”

『おらおら』田中裕子と蒼井優の“協演”

 さて、本作は田中と蒼井の“共演/協演”が見どころの作品でもあるが、それだけではない。“饗宴”が楽しい作品でもある。故郷を飛び出して上京し、55年の月日が経った桃子さん。夫(東出昌大)に先立たれた彼女は、ひとり孤独な生活を送っている。図書館で本を借り、病院へ行き、46億年の歴史ノートを作るのが日課だ。ところが、ふいに桃子さんの“心の声”が姿を現すことに。それが、寂しさ1(濱田岳)、寂しさ2(青木崇高)、寂しさ3(宮藤官九郎)である。

 “寂しさ”という名ではあるものの、この俳優陣の並びからして賑やかな宴が開かれることが想像できるだろう。実際、彼らとは止まらないお喋りや、ときに音楽を奏で、ときには踊りもする。桃子さんの“心の声”だとあって、これはもう、“五人一役”ともいえるのかもしれない。そんな現在の桃子さんは自身の半生を振り返り、“心の声=寂しさたち”と言葉を交わす。これはつまり、自分を見つめ、深く向き合うということなのだろう。そうした先で開かれているのが“饗宴”なのである。

 ふと、「人生は祭りだ」というあまりにも有名なフレーズを思い出す。フェデリコ・フェリーニ監督の『8 1/2』(1963年)のラストで登場するセリフだ。同作を観たことがない方でも、このセリフだけは知っているのではないだろうか。人生の盛りのときは楽しいが、祭りの後というのはどうにも寂しいもの。本作はそんな人生の“わびさび”をも教えてくれる。しかしやはり、大きく掲げられているのは人間讃歌。田中裕子を筆頭に演じられる活き活きとした桃子さんを見ていると、彼女には「人生は祭りだ」という言葉がまさにピッタリの人だと思える。

■折田侑駿
1990年生まれ。文筆家。主な守備範囲は、映画、演劇、俳優、服飾、酒場など。最も好きな監督は増村保造。Twitter

■公開情報
『おらおらでひとりいぐも』
全国公開中
出演:田中裕子、蒼井優、東出昌大、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎、田畑智子、黒田大輔、山中崇、岡山天音、三浦透子、六角精児、大方斐紗子、鷲尾真知子
脚本・監督:沖田修一
原作:若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社刊)
音楽:鈴木正人
主題歌:ハナレグミ「賑やかな日々」(スピードスターレコーズ)
配給:アスミック・エース
製作:『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
(c)2020「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
公式サイト:http://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「作品評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる