『35歳の少女』橋本愛の元カレ役で細田善彦、 カレを奪った魔性の後輩役で大友花恋が出演

『35歳の少女』橋本愛の元カレ役で細田善彦、 カレを奪った魔性の後輩役で大友花恋が出演

 10月10日より放送がスタートする日本テレビ系土曜ドラマ『35歳の少女』に、細田善彦と大友花恋が出演する。

 柴咲コウが主演、遊川和彦が脚本を務める本作は、柴咲にとって同じく遊川が脚本を担当した『〇〇妻』(日本テレビ系)以来、5年ぶりの民放連続ドラマ主演作。『家政婦のミタ』『同期のサクラ』(日本テレビ系)の制作チームが集結する。

 柴咲演じる望美の初恋の相手・広瀬結人役を坂口健太郎、望美の妹・時岡愛美役を橋本愛が務める。さらに、望美の母・時岡多恵を鈴木保奈美、望美の父・今村進次を田中哲司、望美の父であり進次の再婚相手・今村加奈を富田靖子、その引きこもりの連れ子・今村達也を竜星涼がそれぞれ演じる。

 1995年、不慮の事故により10歳で突然、長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”、望美。待ち受けていたのは、歳をとった体と受け入れ難い未来だった。問題を抱える家族や愛する人たちを変え、現実に戸惑いながらも前を向いて生きる少女の“時をこえた”成長物語が描かれる。

 細田は、橋本演じる愛美の元恋人・相沢秀男を演じ、大友は、相沢の恋人で愛美の部下の林田藤子役を務める。

 細田と大友は今回が初共演。細田は、橋本とは同じオムニバス映画への出演はあるものの、実質的に今回が初共演となる。大友は、柴咲、橋本とも初共演に。また、細田、大友ともに、遊川和彦脚本作品には初めての出演となる。

 出演が決定した細田と大友からはコメントが寄せられている。

コメント

細田善彦

橋本さん演じる愛美の上司である、相沢秀男を演じさせて頂きます。
遊川さんの作品は子供の頃からたくさん観てきたのですが、実は、この作品のお話を頂く少し前にも過去の作品を改めて観直していた所でした。
いつ観ても色褪せることのない作品。その世界に参加させて頂ける事を非常に嬉しく思っています。
橋本さん、大友さんとご一緒するシーンが多いのですが、お二人のお力を借り、相沢というキャラクターを魅力的に演じ物語の一部になれたらと思います。

大友花恋

この度、林田藤子を演じさせていただきます。
1話の台本を読み、自分が自分らしく生きるためのエネルギーがうまく循環しないもどかしさを登場人物全員から感じました。私が漠然と感じていたモヤモヤとした想いは誰もが感じているものなのかもしれない、そしてこれから、そんな想いをこの作品がきっと明るく照らしてくれる、と早速救われこの作品のファンになりました。
藤子として、そんな作品の一部になれる喜びと責任をしっかりと噛み締めながら撮影に臨みます!

日本テレビ情報・制作局 大平太プロデューサー

実は、お二人にお願いする「相沢」と「藤子」役が、最後の最後まで決まらなかったんです。出演シーンは少ないけど、物語にスパイスを効かせる重要な役なので、脚本の遊川さんにも、相当なこだわりがありました。
だからこそ、粘りに粘ってお願いすることに決めたお二人には、自信を持って、思い切り演じて欲しいです。子供の頃に遊川作品に触れていたというお2人が、新たに「遊川ファミリー」の一員になってくれた奇跡に感謝しながら、一緒にファンキーなシーンを作っていけたらと思います。

■放送情報
『35歳の少女』
日本テレビ系にて、10月10日放送スタート 毎週土曜22:00〜22:54放送
出演:柴咲コウ、坂口健太郎、橋本愛、田中哲司、富田靖子、竜星涼、鈴木保奈美、細田善彦、大友花恋
脚本:遊川和彦
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:大平太、諸田景子
演出:猪股隆一ほか
制作協力:AX-ON
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/shojo35/
公式Twitter:@shojo35

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる