田中幸太朗&東根作寿英、石原さとみ主演ドラマ『アンサング・シンデレラ』第8話にゲスト出演

田中幸太朗&東根作寿英、石原さとみ主演ドラマ『アンサング・シンデレラ』第8話にゲスト出演

 9月3日放送の石原さとみ主演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の第8話に、田中幸太朗と東根作寿英がゲスト出演することが発表された。

 本作は、『月刊コミックゼノン』(コアミックス)で連載中の荒井ママレによる『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』を原作とした、病院薬剤師たちの知られざる舞台裏を描くヒューマンドラマ。主演の石原のほか、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、さらには、真矢ミキ、田中圭が出演している。

 田中が演じるのは、アレルギー性鼻炎に悩み、萬津総合病院で薬をもらっている増田航平。増田の調剤を担当するくるみ(西野七瀬)は、増田が高い頻度で薬をもらいにくることを不思議に思い、「薬はまだ残っているはずだ」と問うも、増田は「もうないです」と冷たく答え、そそくさとその場を去ってしまう。瀬野(田中圭)は、増田が出産を控える妻が入院中のため面倒を一人で見ている幼い息子・翔太(川原瑛都)が目をかゆそうにこすっているのを気にする。

 東根作が演じるのは、「笹の葉調剤薬局」の代表・仁科敦夫。「笹の葉調剤薬局」は在宅医療に特化した薬局で、在宅医療を学ぶためにやってきた、みどり(石原さとみ)と小野塚綾(成田凌)を連れて、さまざまな患者の家を回りながら、仕事を説明する。

 第8話では、病院薬剤部と調剤薬局の連携強化を目的とした2週間の研修にみどりが参加することに。ナカノドラッグ勤務の小野塚とタッグを組み、在宅医療に特化した「笹の葉薬局」で勤務することになる。在宅医療の経験を積もうと積極的なみどりに対し、24時間対応の在宅医療は「俺には向いていない」と冷めた態度の小野塚。そんな正反対の二人が向き合うことになる患者は、“調剤の魔術師”の異名を持つベテラン薬剤師・荒神寛治(でんでん)の妻・泰子(大塚良重)。泰子はがんを患い、余命いくばくもない終末期の患者だった。25年目の結婚記念日に「手品で泰子を喜ばせたい」と願う寛治のために、みどりと小野塚が動く。                           

コメント

田中幸太朗

今回台本をいただき、すごく意義のある役だなと思いました。なぜなら、自分は薬に対して恥ずかしながら少し甘い認識をしていたからです。『薬は飲みきってくださいね〜』と言われても、風邪薬だからとっておこうとしたこともあります。ですが、それによって大切な人を危険にさらしてしまうかもしれない。思わぬ事故は身近に潜んでいるんだなぁと恐ろしくなりました。この番組、この役を通じて皆さんと一緒に勉強できたらと思いますので、ぜひ見てください!

東根作寿英

『アンサング ・シンデレラ』は大好きなドラマなので出演はうれしかったです。同時にプレッシャーもありましたが、ポジティブに、ひたむきに作品と役に向き合おうと思いました。今回演じた仁科と自分との共通点はそこにあったかなと思っています。仁科もポジティブに全てを受け入れながら、迷ったり揺れたりしながら日々の仕事に真摯に向き合っていたのかなと。今回も皆様の心を揺さぶるドラマになっていると思います」

プロデュース・野田悠介(フジテレビ第一制作室)

田中幸太朗さん演じる増田は、親なら誰もがやってしまう可能性がある間違った服薬の仕方をしています。何気ない普段の日常の描写を田中さんに繊細に演じて頂きました。東根作寿英さん演じる仁科は在宅医療に特化した調剤薬局に勤めています。最後まで見るという、仁科が志している調剤薬局の信念を、冷静かつ熱く演じて頂きました。新しい薬剤師の一面が見られるので、是非ご覧ください!

■放送情報
木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』
フジテレビ系にて、毎週木曜22:00~22:54放送
出演:石原さとみ、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂、真矢ミキ、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん、田中圭
原作:『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』荒井ママレ/医療原案:富野浩充(『月刊コミックゼノン』連載/コアミックス)
脚本:黒岩勉
プロデュース:野田悠介
演出:田中亮
制作・著作:フジテレビ第一制作室
(c)フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/unsung/
公式Twitter:@unsung2020

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる