市川海老蔵、『BG~身辺警護人~』最終回に出演 木村拓哉との遊び心で生まれたアドリブも

市川海老蔵、『BG~身辺警護人~』最終回に出演 木村拓哉との遊び心で生まれたアドリブも

 毎週木曜21時よりテレビ朝日系で放送中の『BG~身辺警護人~』。7月30日に放送される最終話に市川海老蔵がゲスト出演することが決定した。

 丸腰の状態でまさに“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護る民間ボディーガードの生き様と戦いを描く本作。利益優先の経営者・劉光明(仲村トオル)が采配を振る「KICKSガード」を飛び出し、私設ボディーガードに転身した章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)は、“最強バディ”として再スタートを切り、これまで、大手警備会社に突き放されてしまったクライアントたちの安全と“大切なもの”を、命懸けで護ってきた。

 最終回では、バディを組んできた高梨と決裂してしまった章がたった一人、死を覚悟で最大の敵・劉光明(仲村トオル)を警護。劉を血眼で捜索する警察と「KICKSガード」の追手が迫る中、追い詰められた章があろうことか立ちはだかる高梨を崖から突き落とし、さらには章自身の命も危機にさらされる。

 前シリーズの最終回にはロックスター・矢沢永吉が本人役で登場したが、今シリーズの最終回には、「十三代目市川團十郎白猿」の襲名も決まった市川海老蔵が“本人役”でゲスト出演。連続ドラマ『MR.BRAIN』(TBS系)、映画『無限の住人』に続いて、主演の木村と3度目の共演を果たす。

 普段から親交のある木村と海老蔵だが、木村は、「海老蔵さんも以前から視聴者として『BG』を受け取ってくれていたらしく、新シリーズがオンエアされたタイミングで、彼の方から『ゲストに呼ばれなかったのが、ちょっと残念です』と連絡が来たので、僕も『そんなことを言ってくれて、ありがとう』と返信していたんです。その後、プロデューサー陣から最終回の警護対象者は海老蔵さんだと聞いて、『マッチしたなぁ!』と。うれしかったです」と、笑顔で明かす。一方、密かな願望がかなった海老蔵も「出演オファーが舞い込んだときは驚きました。私で大丈夫なのか……と。実際、撮影に参加させていただいたら、皆さんのチームワークは素晴らしいですし、とても温かい現場だと思いました……! 短時間の撮影ではありましたけど、主要メンバーの皆さんとも全員お話させていただき、すごく楽しかったです」と、顔をほころばせた。

 海老蔵が出演するのは、章と高梨、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)ら、前シリーズからおなじみの最強ボディーガード・チームに警護されながら、とある賞の授賞式会場へ向かうシーン。リハーサルでは報道陣が取り囲むレッドカーペットの上を足早に歩いた海老蔵だが、本番では報道陣をバックにスマホで自撮り撮影を開始。撮影合間に木村と海老蔵の“遊び心あふれる企み”によって、生まれたアドリブとのことで、「彼らしいアクションが一つあると面白いなぁと思って! 撮影合間に『市川海老蔵役なんだから、SNSにアップする写真とか撮っちゃえばいいじゃん!』と提案したら、彼もイタズラ好きだから、実際にやってくれたんですよ(笑)。本番を撮り終わった瞬間は、2人でこっそり目を合わせてOKサインを出し合いました」と木村は撮影の舞台裏を明かす。

 収録後も「海老蔵さんはとにかく真面目! そういう“本気の人”と一緒に現場に立っていると、僕も刺激を受けて楽しいんです。そんな彼が今回は本人役というユーモアに付き合ってくれて、本当に感謝しています」(木村)、「ご一緒するたびに思うのですが、木村さんは役作りと申しますか……役に対する存在の仕方や距離感が独特なんですよね。今回も変わらない役へのスタンスを目の当たりにして、懐かしさを感じると同時に、うれしかったです!」(海老蔵)と、お互いへのリスペクトの念をにじませた。

コメント

木村拓哉(島崎章役)

海老蔵さんも以前から視聴者として『BG』を受け取ってくれていたらしく、新シリーズがオンエアされたタイミングで、彼の方から「ゲストに呼ばれなかったのが、ちょっと残念です」と連絡が来たので、僕も「そんなことを言ってくれて、ありがとう」と返信していたんです。その後、プロデューサー陣から最終回の警護対象者は海老蔵さんだと聞いて、「マッチしたなぁ!」と。撮影当日も「今日はよろしくね」と連絡したら、「本当に呼んでくれて、ありがとうございます」と言ってくれて、僕もうれしかったです。しかも、今回は紋付袴まで着て、普通なら躊躇するかもしれない“本人役”で出演してくれたので、ホストとしてはちゃんと出迎えたいな、と思いました。

撮影では最初、海老蔵さんがサッと報道陣の間を通り抜けたんです。ただ、それではレッドカーペットを歩く時間がすごく短くなるし、彼らしいアクションが一つあると面白いなぁと思って! 撮影合間に「市川海老蔵役なんだから、SNSにアップする写真とか撮っちゃえばいいじゃん!」と提案したら、彼もイタズラ好きだから「じゃ、本番だけやってみますわ」と言って、実際にやってくれたんですよ(笑)。本番を撮り終わった瞬間は、2人でこっそり目を合わせてOKサインを出し合いました。彼らしいカジュアルさも顔を覗かせるシーンが出来て、僕も微笑ましい気持ちになりました。

海老蔵さんはとにかく真面目! もちろん、日本の伝統芸能を継承しているという立場もありますけど、時代劇でも現代劇でも“役を演じること”に対して真剣なんです。それは覚悟と責任感があるからこそだと思うし、そういう“本気の人”と一緒に現場に立っていると、僕も刺激を受けて楽しいんです。そんな彼が今回は本人役というユーモアに付き合ってくれて、本当に感謝しています。

市川海老蔵

最終回への出演オファーが舞い込んだときは驚きました。なにせ前シリーズの最終回のゲストは矢沢永吉さんでしたから、私で大丈夫なのか……と。また、木村さんとは過去に何回も作品でご一緒させていただいたので、お話もできると思うんですけど、ほかの方とは初共演だったので、そこもどうかなぁ…と、ちょっと心配していたんです。実際、撮影に参加させていただいたら、皆さんのチームワークは素晴らしいですし、とても温かい現場だと思いました……! 短時間の撮影ではありましたけど、主要メンバーの皆さんとも全員お話させていただき、すごく楽しかったです。木村さんとも、お互いにコロナ禍の中でどんな生活を送っていたか…など、かなりお話をさせていただきました。

ご一緒するたびに思うのですが、木村さんは役作りと申しますか…役に対する存在の仕方や距離感が独特なんですよね。今回も、ボディーガードの木村さんと直接お会いするのは初めてでしたけど、変わらない役へのスタンスを目の当たりにして、懐かしさを感じると同時に、うれしかったです!

■放送情報
『BG~身辺警護人~』第2シリーズ
テレビ朝日系にて、毎週木曜21:00〜放送
出演:木村拓哉、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、市川実日子、勝村政信、仲村トオル
脚本:井上由美子
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:川島誠史(テレビ朝日)、秋山貴人(テレビ朝日)、浜田壮瑛(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)、田上リサ(MMJ)
音楽:高見優
監督:常廣丈太(テレビ朝日)、七髙剛
制作協力:MMJ
制作著作:テレビ朝日
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる