坂口拓が死をも覚悟した壮絶なアクションシーンが 山崎賢人も登場『狂武蔵』予告編

 8月21日に公開される坂口拓主演映画『狂武蔵』の予告編が公開された。

 本作は、アクション映画『RE:BORN』で主演を務め、常に日本のアクションシーンを牽引し続ける坂口拓が9年前に撮影し、日の目を見ぬまま眠っていた幻の侍映画。『GANTZ』『キングダム』シリーズのアクション監督を務めた下村勇ニがメガホンを取り、77分ワンシーン・ワンカットで撮影し、坂口がたった独りで400人の相手を斬り捨てるというアクションに挑んだ。

 公開された予告編では、たった1人で次々と400人の侍を切り捨てていく坂口演じる宮本武蔵の姿が映し出される。物語の核となる77分の死闘シーンも多く盛り込まれており、本シーンの撮影開始5分で実際に指が折れ、肋骨も折れ、奥歯も砕け、死をも覚悟したという坂口の武蔵としての生き様を垣間見ることができる。

 また、物語の始まりが語られる作品の冒頭と結びの部分では、映画『キングダム』で坂口と共演した山崎賢人が登場。今回山崎は、親友・吉岡清十郎を武蔵に討たれたことにより深く悲しみ、その仇討ちに燃える、武士・忠助を演じる。

映画『狂武蔵』予告編

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

■公開情報
『狂武蔵』
8月21日(金)全国公開
出演:TAK∴(坂口拓)、山崎賢人、斎藤洋介、樋浦勉
監督:下村勇二
原案協力:園子温
配給:アルバトロス・フィルム
企画・制作: WiiBER、U’DEN FLAME WORKS、株式会社アーティット 
2020年/91分/16:9/5.1ch
(c)2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners
公式サイト:https://wiiber.com/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる