TOHOシネマズ 池袋、7月3日オープン 日本初のスピーカーシステムを導入

TOHOシネマズ 池袋、7月3日オープン 日本初のスピーカーシステムを導入

 TOHOシネマズ 池袋が、7月3日にオープンすることが決定。あわせて、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』とのコラボポスタービジュアルが公開された。

 TOHOシネマズ 池袋は、「Hareza池袋」(東京都豊島区東池袋1丁目18番地1号)内に、全10スクリーン、全1735席の規模で誕生。

 TOHOシネマズ 日比谷にも導入されている、スクリーン、サウンド、シートの3つの要素を兼ね備えた“プレミアムシアター”が、6番シアターと10番シアターに導入。独自規格のラージスクリーン“TCX(R)”、プレミアボックスシート(R)、6番シアターには、高解像で音の再現が可能な「カスタム 4way ハイ コアキシャル」と、ステージスピーカーとの一体感を突き詰めた「3way コアキシャル」サラウンドを組み合わせたプレミアムサウンドが、10番シアターには、日本で初めてとなる立体音響システム“Dolby Atmos(R)”が、カスタムスピーカーとして導入されている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 さらに2番シアターには、アイソバリック方式を採用したサブウーハーを日本で初めて劇場に導入。アイソバリック方式はスピーカーユニットを向かい合わせで駆動させることで、通常のサブウーハーの1.5倍〜2倍のパワーを発揮する。轟音を全身で体感できる日本初のサウンド・シアターとなる。

 さらに、“マンガ・アニメの聖地”池袋にちなみ、近日の公開が予定されている『シン・エヴァンゲリオン劇場版』とコラボレーション。ポスタービジュアルには、シンジ、カヲル、アスカ、レイ、マリの5人が、池袋駅でおなじみの「いけふくろう」で集合し、「TOHOシネマズ 池袋」に向かう場面が描き下ろされている。

■施設概要
「TOHOシネマズ 池袋」7月3日(金)オープン
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-18-1 Hareza Tower内
JR山手線・埼京線 「池袋駅」東口(35番出口)より徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線 「池袋駅」東口(35番出口)より徒歩5分
西武池袋線、東武東上線、東京メトロ副都心線 「池袋駅」東口(30番出口)より徒歩4分
東京メトロ有楽町線 「東池袋駅」 6・7番出口より地下通路で徒歩11分
(c)TOHO Cinemas Ltd. All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ